FC2ブログ

2019年のお正月

未分類
01 /06 2019
もうすぐ 2019年お正月の松の内が終わりますねー。
今年のお正月は 曜日の関係で ながーーいお休みの方が
多かったようですが、あんまり長い休みは 終わるのが嫌になりますね。

息子が 明日から仕事だ~、と 浮かない顔です。(31日まで 働いていた人)




去年 私の両親が他界いたしまして 今年のお正月は
ちょっと 控え目。 しめ飾りや 松飾りや 鏡餅などを省いただけだけど。
毎年恒例の 金ぴか金屏風前の ワンコ撮影もなし。

来年の挨拶00067697


お節は用意しましたよ。
作ったものは 何もないけど。
2019年お正月00068014 

2019年お正月00068015 


毎年、ワンコと一緒に行く初もうでですが、
年末にラックが 後ろ足を痛めたので(というよりは 元々弱かった後ろ足が 加齢で
痛みが出た感じ) ワンコ達は お留守番。
2019年お正月00068136 


2019年お正月00068113
(左のオジサン 知らない人)


ワンコ達がいなかったので こんなのを近くで見ることが出来ました。
2019年お正月00068118 

毎年 境内でがんばっているんだけど ワンコ連れは 近くには寄れないので
じっくり見たことなかった。


お正月期間は ずっといいお天気で
暖かだったので ワンコや 孫姫さまも たっぷり公園で遊べました。
(ラックの足は 二日ほどで気にしなくなりましたが、 ずっとカートでお散歩。
 ちゃっかり 3匹とも乗ってましたけど)

犬使いになりました。
2019年お正月00068057 

ラックが 一番のお気に入り。
2019年お正月00068181 



お正月だからと言って 特別に何かするわけではないのですが
暖かい日差しの中で ワンコ達とマッタリするのは いいですねぇ。




西宮~米子~西宮の旅 2

未分類
11 /08 2018
 

 今回、我が家にしては長期の旅行になったのですが、
5日6日と ダンナが大阪で用事があり、 私が10日に実家で予定があったので
最初は 別々に行く予定だったのですが、この際、一緒に行って 
間の7日~9日に 米子に行っちゃう? という大雑把な旅程。

5日と6日は 私は ヒマ~~なわけです。


全く初めての家というわけでもなく、特にシニア達には なじみの場所。
(むしろ デュークは隙あらば2階に遊びに行こうとして
油断ならない。2階は今は 別世帯!)
サブもおろおろウロウロすることなく、落ち着いていたので
よいこのワンコ達に留守番をしてもらって
西宮 米子 西宮00062733 
(姪っ子ファミリーが 実家の2階に二世帯住宅で住んでます。)



姉と一緒に こんなところへ行ってきました。
西宮 米子 西宮00062742 

西宮 米子 西宮00062743 


首都圏の者は 迎賓館というと 赤坂にある迎賓館を思い浮かべますが
京都にもあるのです。迎賓館。

赤坂にある ベルサイユ宮殿みたいな洋風の迎賓館と違い、
「和」の迎賓館。
一般公開しています。



門をくぐると 筋塀が続いています。
西宮 米子 西宮00062747
この筋塀って 皇室関係の建物に使われるものらしくて
筋の数が多いほど、格式高いそうです。5本の筋は 最高のもの。
この塀は 迎賓館のものではなく、(迎賓館は皇室に関係ないから 筋塀は使われない)
仙洞御所(譲位した天皇が住まわれる御所)のもの。
この塀に 近づきすぎると 「寄るな~~~、触るな~~~!!」って 
スピーカーから 音声が流れるそうですよ。


迎賓館入口。
西宮 米子 西宮00062748

セキュリティの関係上、撮影NGの場所もありますが、
中は 物に触りさえしなければ 撮りホーダイ。

西宮 米子 西宮00062749 西宮 米子 西宮00062750 西宮 米子 西宮00062751 西宮 米子 西宮00062753


日本の職人さんが 丹精こめた技術の粋を集めた逸品が
あらゆるところにあります。


釘隠しからして これ。
西宮 米子 西宮00062790 西宮 米子 西宮00062814
 



晩さん会の待合室(え~~?! 待合室?)の「夕映えの間」

(西側にある 日没風景)
西宮 米子 西宮00062762 

 西宮 米子 西宮00062754


東側にある比叡月映。
西宮 米子 西宮00062759 西宮 米子 西宮00062763
巨大な つづれ織りです。


洋食の晩さん会に使われる「藤の間」
西宮 米子 西宮00062802 

西宮 米子 西宮00062782 

西宮 米子 西宮00062778 

 西宮 米子 西宮00062780


正面に どどーんと藤。
西宮 米子 西宮00062801

西宮 米子 西宮00062795 

西宮 米子 西宮00062806 

つづれ織りで 描かれています。
お見事~~~~!!


西宮 米子 西宮00062796
天井の照明も 和紙でできていて
連凧を意識したものだとか。

この部屋は もうどこ見ても 溜息もの。

西宮 米子 西宮00062784 

西宮 米子 西宮00062809 



後ろを振り返れば 庭園が見えます。
西宮 米子 西宮00062767 

西宮 米子 西宮00062766 


西宮 米子 西宮00062804

廊下にベンチがあるので
座って ぼーーっと眺めていると・・・ あれ・・?

西宮 米子 西宮00062771 

西宮 米子 西宮00062770
 
なんか 雨、すごくない??


西宮 米子 西宮00062775 

西宮 米子 西宮00062776 

西宮 米子 西宮00062777

なんだか 京都迎賓館が 水害にあっているよう。

室内から見ているぶんには すごいねーで済むのでいいんですけどね。


しばらくすると 激しい雨も収まってきました。
西宮 米子 西宮00062791 
カエルが 飛びつきそう。


順路を 進んでいくと 「桐の間」
和の 晩餐室です。
西宮 米子 西宮00062812 

西宮 米子 西宮00062816 

西宮 米子 西宮00062818 

テーブルの長さは 全長12M。
漆仕上げの一枚板だそうです。 すげーーー!!
こんなところで ご飯たべられない~~~。
この漆、職人さんが毎年 メンテナンスしておられるそうです。

ずらりと並んでいる座椅子。
背中に 五七の桐の紋が蒔絵で施されています。
西宮 米子 西宮00062834 

西宮 米子 西宮00062835 
すべて違うデザインだそうです。

隣には 厨房。
西宮 米子 西宮00062810
こちらで 作られたものが すぐに供されるようです。


桐の間は まさに和室。
西宮 米子 西宮00062827 

西宮 米子 西宮00062828 

西宮 米子 西宮00062829 

西宮 米子 西宮00062837 

西宮 米子 西宮00062819 

西宮 米子 西宮00062817 

外国のお客様でなくても あちこちウロウロして眺めたいです。


桐の間からも 庭園が眺められます。
西宮 米子 西宮00062825 

西宮 米子 西宮00062838  



部屋と部屋をつなぐ廊下も まるで京都の路地のよう。
西宮 米子 西宮00062839 

西宮 米子 西宮00062843 


庭園にかかっていた廊橋。
西宮 米子 西宮00062859

西宮 米子 西宮00062851 

西宮 米子 西宮00062857 

池のほとりには 和船。
西宮 米子 西宮00062863

西宮 米子 西宮00062865

海外からの賓客が 舟遊びを楽しむそうです。

全館 博物館みたいな 京都迎賓館。
見ごたえたっぷり。


お眼目を堪能した後は お腹も堪能して帰りました。
西宮 米子 西宮00062870 

西宮 米子 西宮00062868 

手前 抹茶ソフト 奥は ほうじ茶ソフト。
大変 美味しゅうございました。

今度は 赤坂の迎賓館に行こっと♪



ちょっと脱線

未分類
05 /19 2018
公園内に犬を入れるな、という話で 思いだしたエピソード。

横浜ローズ201800052118



ずっとずっと以前に おそらくネットで読んだのだと思いますが
(出典思いだせず  おそらく 個人主義か何かのコラムだったと思いますが・・・ )
その頃、すでに犬を飼っていたので この一説が記憶に残ったのだと思いますが
正確なところは思いだせませんが、
趣旨としては

 欧米において 飼い犬を公共の場に連れていくことが許されている点について
 それを 先進国では 犬の権利も認められている、とかいう人もいるが、
 あれは 「嗜好品を持参する権利」が 人間に認められているのだ。
 だから 嗜好品は「物」に徹しなければいけないし、
 それが「物」でなくなった時は
 それを持参した人間が すべての責任を負わなければいけない。

とかいったものだったと思います。
これと リンクしたのが、先日 主人の姪の結婚式の時に会った
姪の義弟のことば。
義弟夫婦は 長年フランクフルトに住んでいて、2頭のチワワを飼っています。
(ヨーロッパでは 大型犬が主流かと思っていましたが、
 さすがに都市部のアパートで Gシェパードを飼う人は少ないそうです。)
彼に ドイツは 日本の犬飼いにとって憧れなんですよ、と言ったら
彼はちょっと笑って、
外では 犬達はどこへでも連れていけますから 自由に見えるでしょうね。
でも 家庭内では 日本の犬の方が 幸せだと思います。
あちらでは 人間と犬は 厳密に区別しますから。



IMG_1379犬@写真部 5月犬@写真部 5月 

付喪神や ナウシカや もののけ姫の世界観を 全く抵抗なく受け入れる日本人には
どうにも ピンとこない話ですが、
キリスト教においては 
人間は すべての物を治めるために 神によって造られたのであり、
まったく別格の選ばれた存在、というのが そもそもの大前提らしいです。
(だから もののけ姫に出てくる 烏帽子御前って ものすごく西欧的な思考の持ち主。
 人間には 分け隔てなく尊厳を払い、その他のものは 人間が支配すべき、ってさ)

行政が動物を殺処分することはなくても 飼い主が安楽死を選択するのは ごく普通。
ペットの介護用品があるのは 日本ぐらい。
動物のQOLや 虐待のとらえ方が 日本人とは 少々違うのかもしれません。

IMG_1406犬@写真部 5月犬@写真部 5月

犬にとって 一番幸せなのは
日本人が ドイツで犬を飼うこと、なのかもね。



IMG_6525サブレ アウラ


春のご近所ロング散歩

未分類
03 /23 2018
東京では もう桜がガンガン咲き始めたというニュースが。

東京 早っ!

何より、毎年思うけど 上野公園はやーーい!!

うーーん、うちの周りって どのくらい桜の開花はすすんでいるんだろう?

と、3パピつれて ご近所回りをしてみました。
途中で 歩くのヤダって言われたら困るので カートを引っ張り出しました。



結論から言うと ほとんど咲いていませんでした。
特に 我が家の近くは 一部咲きにもなってない感じ。

わが家の近所で一番早く桜が満開になるのが
最寄り駅のたまプラーザ周辺の桜。

近所の桜まだまだ00044186

一番咲いていた桜。
近所の桜まだまだ00044188


だいたいが こんな程度でした。
近所の桜まだまだ00044189



最寄駅まで 歩いて往復すると 2時間弱かかるド田舎の我が家。


犬達を歩かせたり カートに乗せたりしながら
タラタラわが家の近所まで戻ってきました。

結局 一番綺麗だったのは
ソメイヨシノではなくて しだれ桜。

近所の桜まだまだ00044181

近所の桜まだまだ00044219

時期的にそーだよね。


近所の桜まだまだ00044171

近所の桜まだまだ00044178

近所の桜まだまだ00044236

しだれ桜の花の形って ころんとしていて 可愛いですね♪


しゃがんで 見上げるような形でお花を撮っていると・・・

近所の桜まだまだ00044182

びょんと カートに飛び乗ってきて ニコニコ顔のサブちゃん。
最近では すっかりカートの飛び乗りが当たり前になってしまって
カートが止まると 100%飛び乗ってきます。
動いていても 飛び乗ろうとする。  邪魔この上ない。


しだれ桜以外にも こんなお花を撮っていると
近所の桜まだまだ00044202


ぴょん。
近所の桜まだまだ00044204



ただでさえ、寂しいソメイヨシノが
近所の桜まだまだ00044194

ほとんど写らない・・・
近所の桜まだまだ00044191
まぁ、よい笑顔ですこと。


さて、
このお花は なんのお花なんでしょう?
近所の桜まだまだ00044207

低い所に花がつくので
ちびっこと撮るのに とてもよろしい。
近所の桜まだまだ00044209
最近涙目の ラックちん。
花粉症かしら??


なんて花といえば これも何?
近所の桜まだまだ00044168
今の時期、あちこちに咲いていて 好きな花なのですが、
私はずっと これは姫椿だと思っていたのですが
椿? 山茶花? 
花ごと 落ちているものもあれば 花びらが散っているものもあり。


最後に いつも遊んでいる公園によって
近所の桜まだまだ00044241
ちょっとだけ、ボール遊びをして 帰りました。

10時過ぎに家を出て
帰ったら2時過ぎ。
4時間もの ロング散歩。 近所だけで。


近所の桜まだまだ00044247

4時間散歩は さすがに疲れたか。


でも 夕方のお散歩には しっかり行きましたよ。

元気なやつら。


うちの辺りも週末には 満開になるのかしら?

3月11日

未分類
03 /11 2018
もう7年も 経ったのですねぇ。

2011年は 年の初めに 
我が家のファーストドッグ エルさんが
死んでしまい、
エルお花7


なんとなく気持ちがざわついていて
それでも 元気いっぱいの ラックやデュークと遊んでいるうちに
日常が戻って来て
秘密の公園DPP_0020

(ゴ箱を悪戯して 証拠品をぶら下げているラック)
わるさDSCN0592




河津桜を楽しんだり、
河津桜 河川敷DPP_0041


河川敷で遊んだりしていると、
河津桜 河川敷DPP_0088


あの大地震がありました。



7年前のあのころのこと、
ハッキリ言って よく覚えていません。
余震がきっと 一晩中あったと思うのですが、
どのくらいあったか、そんな時期がどのくらいあったのか、
覚えていません。
福島の第一原発がヤバイ、首都圏も危ないという話が広がり、
ガソリンや物がなくなり、
ハッキリとしたことが何もわからない、
嫌な不安だけがありました。

当時、散々耳にしたはずの ACのCM。
何一つ、覚えていません。

地震の後、半年後くらいに 震災当時によく流れていたACのCM を
偶然見たのですが、
一気に ものすご~~~く いやな気分になったのを覚えています。

何も失わなかった、なんの被害もなかった私ですが、
7年前の災害を 前向きな気持ちで振り返ることは出来ません。

7年前の災害は終わることなく、 
あの時から いろんなことが始まったんだと思います。

そして あの頃、日常に戻してくれたのは
この子達の笑顔でした。
2011_03_29 玉縄さくら DSCN0858

2011_03_29 玉縄さくら DSCN0859

2011_03_29 玉縄さくら DSCN0864


そして 明るい気分にしてくれたのは
春の優しい色でした。
2011_03_29 玉縄さくら DSCN0883

2011_03_29 玉縄さくら DSCN0888




それぞれの 震災への思い。
いい思い出じゃないけど、忘れちゃいけない思い。





エルママ

横浜市青葉区在住






センター : エル ♀ 
  (2004年3月19日)
  我が家の3パピの 女王様
  2008年秋 アジソン病発症
  2011年 1月17日 永眠








 ラック ♂
   (2006年12月7日)
パピヨンの魅力を世に宣伝
   する営業部長。





  
デューク ♂
   (2006年12月8日)
内弁慶のマイペース。
   意外性の男。





サブレ ♂
(2013年11月15日)
我が家の三男坊 期待の新星