FC2ブログ

秋の伊豆旅行 橋立つり橋

デューク ラック サブレ
10 /15 2018
伊豆旅行2日目、9月26日。

朝 起きると雨は上がっていました。
ラッキー♪

ドヨヨンだけど
伊豆 秋00061305
朝のお散歩は 出来るよ。
外に出ると ラックちん 真っ先にドッグランに向かいますが
勿論 ビッショビショ、それに まだ6時。
ドッグランは 8時~日没までって 書いてあるよ。

普通にお宿の周りをお散歩。
リスを2度も見かけました。

何故か、椅子についた水滴を必死で舐めるサブちゃん。 
水入れ あるんだけど。
伊豆 秋00061320


朝ごはん。
伊豆 秋00061329 

こちらでは 朝は 和洋で選べますが
旅先でしか 朝にご飯を食べることはないので 和の朝ごはん。
普通のご飯もあるし 御粥もあるので たらふく食べてしまいました。
(結局 この日は 昼ごはんなしで 平気でした。)

この日の天気予報を見ると
首都圏は ほぼ雨。
伊東のポイント天気予報を見ると
12時前から 雨予報。

早めにチェックアウトして 城ケ崎海岸に行って
門脇つり橋には 以前行ったから 今度は 橋立つり橋に行って
やはり前回行かなかった小室山に行って 帰ろうと計画。

橋立つり橋は 門脇つり橋のように すぐ近くに駐車場があるわけではないのですが、
伊豆高原駅のすぐ近くにある専用の駐車場(地図)に車を停めて
きっと いいお天気なら 気持ちいいんだろうなぁって小径を通って
海へと向かいます。

伊豆 秋旅行キャノン橋立つり橋00061085 


ほどなく 海に到着。
小径の横を流れていた川にかかっている橋。
すぐ向こうが 河口です。T字路になっています。
伊豆 秋旅行キャノン橋立つり橋00061091 
ここから右に行くと 橋立つり橋。

ここから 若干こういう場所を歩くので
ハイヒールではいかないほうが無難です。
伊豆 秋00061529 



伊豆 秋00061538 


門脇つり橋よりは 長くて揺れます。
伊豆 秋00061542

でも たぶん門脇つり橋の方が 高いかな?


今の3パピは 橋の上は全然平気。
きっとエルだと 渡れなかった。
伊豆 秋00061537 

伊豆 秋00061543 


橋の上からの風景。
伊豆 秋旅行ソニー橋立つり橋00061061 

伊豆 秋00061548 

伊豆 秋00061550 


つり橋から いったんT字路まで戻って
対島(つじま)の滝に向かいます。
水量が少ないと 滝にはならないそうですが、
昨日 あれだけザンザン降りだったんだから 水量は十分でしょう。

対島の滝
伊豆 秋00061551 
立派に滝。
さすがに 昨日 あれだけ雨が降っただけあります。



滝が見やすいように
こういった展望台があります。
伊豆 秋00061569 

伊豆 秋00061561 


カメラをオートにするのを忘れて
ダンナに渡した結果。
伊豆 秋00061576 
せっかくラックが可愛いのに・・・

こっちは 私が撮ったもの。

伊豆 秋00061563


このまま あのT字路に戻って そのまま車に乗り込めば
小室山にも 行くことができる時間だったのですが・・・・

ちょっと海岸線を散歩してから行こうか、と考えたのが
大間違い。


ちょっとした散歩・・・?
伊豆 秋00061585 


伊豆 秋00061514
これは ちょっとしたハイキングの間違いでは・・?

案内板を見ると 2キロほど歩けば
左に曲がる道があるよ、とのことでしたが
(2キロと言えば 普通に歩けば 30分ほど)
直線距離にしたら 2キロだったかもしれないけれど
伊豆の海っぺりって リアス式海岸。 
直線距離では 2キロでも 海沿いを歩けば その10倍くらいありそう。
しかもずっと 上がったり下がったり、まるで 去年行った御岳山のハイキング道。
一時間以上歩いても グーグルマップで現在地を確認したら
半分も行ってない。つまり 一キロも進んでいない。

私はラックを連れていたのですが ラックは下りになると
すぐに 私を見捨てて 前を行くダンナたち先頭集団に追い付こうとする。
(ゴロゴロ石があり ぬかるんでいる下り坂でリードを引っ張られると怖いので
私が ラックのリードを持つ手を離すと アッという間に行ってしまう。)
で、しばらく歩いて行くと 上り坂の下で
先頭集団から脱落したラックが 今や遅しと御輿が追い付いて来るのを待っている状態。
半分くらいは 抱っこで運ばれたラックです。

余裕があったころは まだこんな風景も撮っていたのですが・・・
伊豆 秋00061580 

伊豆 秋00061587

伊豆 秋旅行ソニー橋立つり橋00061067

途中から それどころではなくなり
黙々と歩き続ける。ちゃんと ハイキング道はあるので
迷うことはことはないのですが、歩いても歩いても
左に曲がる道がない。(当たり前。 50メートルも行けば交差点がある都会ではないのだから)

雨雲も近づいてくるし、
ここで 勇気ある撤退。 もと来た道をせっせと戻ります。

一度通った道は 早い。半分ほどの時間で戻って 
雨の降り始めの頃に 車にたどり着きました。
けっこうひんやりしていたのですが 大汗かきました。

行程の半分くらいは 抱っこだったラックに比べ
デュークは ペースを崩すことなく ずっとダンナの横を歩き続けました。
自分の高さより高いくらいの 石段とかもあったのに。
伊豆 秋00061606 

なんて 健気で可愛いデュークちゃん♪♪


雨もしっかり 降ってきたので
小室山は またに機会に。


そのまま家に向かいます。

帰り道、ちょっとだけ寄り道。

小田原にある 一夜城Yoroizuka Farmへ。

伊豆 秋旅行キャノン橋立つり橋00061163

私は 何度か来たことがあるのですが、
ダンナは初めて。

お天気がよければ 相模湾を一望できる景観ですが
残念ながら 小雨がチラつく天気。

伊豆 秋00061362


奥様の 慰愛碑。
伊豆 秋00061359 
この一角は とても綺麗でした。

何度か来ている鎧塚ファームですが、ケーキを買って帰ったことは
一度もありません。

美味しそうなケーキをいくつか買って帰り、
家で お昼代わりに ペロっと食べてしまいました。
すっごい 美味しかったです!! (写真なんて 撮る間もなくペロリ)

少々 雨っぽかった伊豆旅行でしたが
楽しく過ごすことが出来ました。

今度は クオーレに泊まらなくちゃね。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

エルママ

横浜市青葉区在住






センター : エル ♀ 
  (2004年3月19日)
  我が家の3パピの 女王様
  2008年秋 アジソン病発症
  2011年 1月17日 永眠








 ラック ♂
   (2006年12月7日)
パピヨンの魅力を世に宣伝
   する営業部長。





  
デューク ♂
   (2006年12月8日)
内弁慶のマイペース。
   意外性の男。





サブレ ♂
(2013年11月15日)
我が家の三男坊 期待の新星