絵に描いた餅の 防災計画 (結構衝撃)

未分類
05 /31 2016

近所のワン友さんが 今年度 自治会の防災部長さんになりました。

私も 何年か前にこの部署になったことがありますが、
その後、東日本の震災があり、直近では 熊本の震災もあり、
地域での 防災意識は 少しは現実的な物になっているかと 
勝手に思っていました。


ところが、彼女から伺った、衝撃的な情報。


わが家の地域の 広域避難所として指定されている 近くの小学校。




そこでの 想定避難者数は 300人だそうです。







   |||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||   はぁぁぁぁぁ~~~?!?!







うちの自治会だけで 700世帯なんですけど???

その学校の児童家庭の人数だって 300人以上いるでしょうに。






防災部長さんは ワンコも実際飼っておられるので、
ペットを連れての避難訓練も 一度実践してみたい、と
申し入れた所、 校長先生から

アレルギーの児童がいるから ペットの持ち込み不可。

との 返事。







・・・・・・・・( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ロ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;;)・・・・・・・・・・







要するに 来るな、人を当てにするな、自分の身は自分で守れ、
と いうことですね。



横浜市が出している 災害時のペット対策という冊子もあるにはありますが、

日頃から躾をしておけ、ワクチンをうっておけ、等の一般論のみ。

じゃあ、その躾けをされて ワクチンも打っているペット達を連れて
どこに行って どうすればいいのかという 具体的な情報は いっさいなし。



区役所の防災担当部署で ペットはどうすればいいのか?
と 質問したら、


どうしたらいいんでしょうねぇ・・・
日頃から ペットを飼っている方同士で どうすればいいのかを話し合っていただいて
責任者を決めておいていただくというのは どうでしょう?


・・・・・・・・・・・ ( ̄Д)=3  ・・・・・・・・・・・・・



横浜市青葉区は 全国的にもペットを飼育している世帯割合が多い地域。

それで これです。



これは もう キャンピングカーの購入を 真面目に検討した方がいいかも・・・・・
(駐車場所は どうしよう・・・・)




守りたいね。

IMG_1450新春ふるさと公園




ついでに

担当者さんによれば、対策に頭を抱えているのは
犬対策ではなく、ネコ対策だそうです。

犬と違って 猫は登録制ではないので 頭数の把握ができていない。

犬と違って 逃げやすい。 逃げたら呼び戻しができない。
犬は 窓から逃げることをあまり考えなくてもいいですが、
猫は窓から逃げます。 窓を閉めていても 揺れで鍵が壊れて開いたりします。
窓際においたキャットタワーが倒れて 窓を割ったりします。

室内飼育で 外を知らない猫ほど パニックになるので
外を知らない猫ほど、マイクロチップや迷子札を装着すべき。

餌も好き嫌いが多いので 一律に用意することが出来ない。

猫に関しては 想定外はなくて 想定することも出来ない状態だそうです。

猫飼いさん、自衛しましょう。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

キャンピングカー、欲しいよね。
現実問題としては、とりあえず、テントが必要かと…

Re: No title

イチきなママさま
キャンピングカー、欲しいよね。
置く場所さえあるなら トレーラーハウスでもいい。(キャンピングカーより安いし)
現実問題として テントをしまっておく場所がない、
一人で取りだせない、張れない、張る場所がない、
だめだめじゃん。

No title

首都圏でもそんな認識なんだ・・・・。(・・;)
自分で何とかしなはれって事ですかい。

こちらも同じようなものです。
ペットを連れての避難はできません。
自宅から避難場所は近いのですがね。
お隣の岐阜県はペット同伴の非難が可能とのこと。
いざとなったら木曽川を渡っ岐阜を頼るしかないのか?!
(住民税は払ってないけど。)
ま、川向うは岐阜県だ。
頑張って歩くか。
(川幅は広いけど。)
橋が無事なのを祈るしかないです。

その前に、アジソン子のチョビが
他所の人や見知らぬわんこ一杯の避難場所に
耐えられるかが心配です。

Re: No title

チョビ姉さま
うん、首都圏は人数も多いし、想定しなきゃいけない事が
人間に限っても多すぎて、それだけでも 
もう どーすりゃいいか、わかんないよ!状態なので
人間以外のことは 自分でどーにかしてっ! 行政に何もかも要求しないで!!
なんだと思います。

岐阜って 同伴避難が出来るの?
そりゃ 進んでますね、ペット先進県です。

確かに アジソンっこが ストレス一杯の避難所に行けるかが
大問題ですね。 寒さにも弱いしね。
東日本の震災が起きた時、エルはもういなかったけど
正直言って ちょっと良かったと思いました。
多分、体調が悪化しただろうから。

 
でも この辺りも ペットを飼っている家や 小さなお子さんがいる家庭が
けっして少数派ではないので、どこかの公園に
周りに迷惑をかけるかもしれません集団があつまって 
テント村でも作ることになるんじゃないかと 予想しています。

でも 20年前の阪神の震災の頃に比べて
熊本地震のインフラの復活の速さに 驚きました。
水もガスも、4月中に だいぶ復活していたように思います。
阪神の時には 実家がガスや水道が使えるようになったのは 3月に入ってからでした。

エルママ

横浜市青葉区在住






センター : エル ♀ 
  (2004年3月19日)
  我が家の3パピの 女王様
  2008年秋 アジソン病発症
  2011年 1月17日 永眠








 ラック ♂
   (2006年12月7日)
パピヨンの魅力を世に宣伝
   する営業部長。





  
デューク ♂
   (2006年12月8日)
内弁慶のマイペース。
   意外性の男。





サブレ ♂
(2013年11月15日)
我が家の三男坊 期待の新星