fc2ブログ

ミシュランの三つ星 ☆☆☆

写真
06 /12 2011
ちょっと前の話になりますが、

5月の末にミシュランの三つ星を堪能してまいりました。

ミシュランの三つ星といっても お料理ではありません。

「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」のほうで三つ星を獲得した日本庭園です。




2011年5月 米子  ブログ用_MG_4937

2011年5月 米子  ブログ用_MG_4987
こちらは 島根県安来市にある 足立美術館。


2011年5月 米子  ブログ用_MG_4921


アメリカの日本庭園雑誌(そんなものがあるのね)で2003年から2010年まで
不動のランキング1位に選ばれ続け、フランスのミシュランガイドでも 三つ星評価という
もう 文句のつけどころのない 日本庭園です。


実際ね~~、どう撮ったらいいのか、というより、どう撮っても綺麗です。

だって、どこからどう見ても綺麗なように設計されているんだもん。


2011年5月 米子  ブログ用_MG_4924

2011年5月 米子  ブログ用_MG_4971


2011年5月 米子  ブログ用_MG_4936



訪れた日は ちょうど台風接近で雨模様。
でも 日本庭園は 雨の日に見るべき!!
わざわざ水を打ったりするくらいだもんね。

岩肌が黒く輝き、全体がしっとりと落ち着いた色あいで
借景となっている後ろの山に 白く霧がかかり それはそれは幻想的な
まさに日本画そのものの風景でした。


見事なバランスと調和のとれた庭ですが、どんどん木が育って
大きくなっちゃったらどうするんだろうと思っていたら、
バランスが悪くなった木は 抜いて植え替えるんだそうです。
なるほどねぇ。




なんたって 絵画的にはここに滝がなくちゃね、と
人工の滝まで作っちゃってます。

2011年5月 米子  ブログ用_MG_4942

2011年5月 米子  ブログ用_MG_4941





いろいろ趣向もこらしてあって、窓がそのまま額縁のようになっていて
一服の絵画に見えるようにしつらえてあるところも。

2011年5月 米子  ブログ用_MG_4928

2011年5月 米子  ブログ用_MG_4929




こっちは 生の掛け軸。

2011年5月 米子  ブログ用_MG_4975

床の間の壁がくりぬいてあります。




生の衝立も。

2011年5月 米子  ブログ用_MG_4977




まぁ、とにかくどこを見ても 綺麗だこと!!

2011年5月 米子  ブログ用_MG_4948

2011年5月 米子  ブログ用_MG_4969

2011年5月 米子  ブログ用_MG_4970

_MG_4978_2.jpg

2011年5月 米子  ブログ用_MG_4985

_MG_4968.jpg


2011年5月 米子  ブログ用_MG_4945

2011年5月 米子  ブログ用_MG_4993




とにかく良く計算されていて、想像力をかきたてられるような風景になってます。

2011年5月 米子  ブログ用_MG_4996

展示室から展示室に移る渡り廊下にある窓から 写したもの。
いわばメインの庭とは言えないところですが、
まるで おおきな川の流れのように見えませんか?
遠近法のさせる技ですね。


どこを見てもため息が出るほど綺麗なお庭と
これでもかってくらいある、横山大観を中心とした数々の日本画。

2,200円の入館料、けして高いとは思いませんでしたよ。

_MG_4967.jpg


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

いやー美しいところですねー。
おっしゃる通りしっとりと濡れてるのがなんとも趣がありますねー。
こういう所って夜明け前から夕暮れまでずっと座ってお日さまの光で変化していく所を見たくなりますよねー。

アルバム見た見た見たー。
いいですねー。
4枚目の右下のエルちゃんなんか元気いっぱいに飛んでていいですよねー。

挙動不審のラック君、よく動画に撮れましたねー。
私なら恐ろしくなって動画どころではない…と思う。
ディアがアジソン病と診断される前、腹痛でよくこうして走ってました。
ズキーンって痛くなるんでしょうかね。
寝てても突然ダッシュで…この時も怖かったなぁ・・・
診断された予想される病気はどちらも私には怖いものなんだけど
セカンドの獣医師の考え方はすっごく好きです。
ほれちゃいます。

>するほど、本人はちっとも困っていない。

この一言は重要ですね。
本人は困らない。
世話をする人間側もドキドキしちゃうけど生活に支障がある訳じゃない。
だから今は積極的な治療が必要じゃない。
好きですねー、この考え方。

人間だって完璧に健康な人はなかなかいないですよね。
虫歯の一本や近眼くらい誰だってあるはず。
それでおおむね幸せに生きてるのに、
事、犬になると完璧な健康を求めがちなんですよね。

No title

kuroさま
足立美術館、よか所ですよ~。
今度は秋に見に行きたいけど、混んでるだろうなー。

ラックの動画は かなり長い間走り回っていたので
撮ることができました。
実際の様子を獣医に見せることが出来て
とても助かりました。 口では説明できないもんね、こんなの。
とにかく、これは頭からきてるだろうから、可能性を一つずつ見ていきましょうで、
最初に調べた肝臓検査でばっちり異常がみつかりました。
でも肝性脳症になるほどアンモニアが高いわけじゃないし、
じゃあやっぱり てんかん?かな?? という診断。

シャントのバイパス血管は年とともに太くなっていく傾向があるそうです。
だから今後、注意深く見て行かなくちゃいけないのは事実だけど、
今、手術をしたところで数値的には良くなるだろうけれど
本人にとってみれば 楽になったって実感もないだろうし、
ちっともメリットがない。 むしろ 検査検査でつらいだけ。
麻酔のリスクもあるんだから、今は積極的な治療をする必要はないという結論。
今は全くもとの生活に戻っています。 食事だけ缶詰になったけど。 
エルが大嫌いだった処方食を喜んで食べてくれるので助かります。
ディアちゃんも数値がよくないのは 心配だと思いますが、
本人が困っていないなら、つらそうじゃないなら見守るしかないでしょうね。
気はもむけどね。

そうそう、肝性脳症を調べていて、エルが最後の日にとった異常行動が
肝性脳症からきていたものだとわかって ちょっとほっとしました。
ホントに最後の直前までエルはどこかに行こうともがいていて、
苦しくてどこかに逃れようとしていたのか、とても気になっていたのですが
ひたすら歩きまわる、壁に頭を押しつけてでも進もうとするというのが
肝性脳症に多い症状の一つだとわかって それだったのか、
苦しかったわけじゃなかったのね、と少し気が楽になりました。

ラックの挙動不審の様子はねー、
エルが来て追い回しているんだと本気で思っちゃうほど
何かから逃げ回っていたんですよ~。
もう やめてね。

No title

うほ~、完璧な庭園ですな。
イングリッシュガーデンとはまた違った超よか所ですたい。
庭仕事(ガーデニング)の一番苦労するところは常に最高の状態を保つことだと思う。
庭師さん達の日々の仕事の賜物なんだろうなあ。
2200円の入園料、私もちっとも高くないと思います。
秋もそれはそれはきっとキレイでしょうね~♪
雪の積もった冬景色も見てみたいものです~♪

Re: No title

イチきなママさま
すごいお庭でしょ~。
専門の庭師さんが、何人だったか忘れたけど、毎日お手入れして
美術館のスタッフも毎日草むしりとかお掃除とかするんですって。
横山大観の絵を実際に表現してるんですってさ。
日本一の庭園と言われるだけあります。 京都の御庭とはまた違います。

庭だけじゃなくて 絵の方もすごいのよ~。
全部見て回ると お腹いっぱいになります。

エルママ

横浜市青葉区在住






センター : エル ♀ 
  (2004年3月19日)
  我が家の3パピの 女王様
  2008年秋 アジソン病発症
  2011年 1月17日 永眠








 ラック ♂
   (2006年12月7日)
パピヨンの魅力を世に宣伝
   する営業部長。
2024年2月3日 17歳1か月で永眠





  
デューク ♂
   (2006年12月8日)
内弁慶のマイペース。
   意外性の男。
2023年9月2日 16歳で永眠





サブレ ♂
(2013年11月15日)
我が家の三男坊 期待の新星