FC2ブログ

エルさん アジソン病じゃない!! ・・・でも ビミョー・・・

アジソン病・診断前
02 /13 2009

今日 2週間ぶりに「みなとよこはま病院」に行ってきました。

 

3回目ともなると だいぶ慣れてきて

受付をすませたら すぐに病院の裏にあるドッグランへ。

 

 

 

病院が 山のふもとに張り付くように建っていて、

その裏に リハビリ用の施設やドッグランが用意されています。

勿論 こんな風に坂。

でも とても細かいサラサラのチップが厚く敷き詰められていて

きっと 足を怪我した子のいいリハビリになるんだろうな。

 

病院に来ている子で そんなに元気にドッグランで遊ぶ子なんていないらしくて

独占状態のエルさん。

 

 

たったかたったか あちこちをチェックしながら

ぐるりと一周。

 

 

はいよ。

 

 

 

こんなのもあります。

中には 温泉や水中ルームランナーみたいなのも。

すごいなぁ。

 

金曜日のお昼前って 空いているらしくて

けっこうすぐに呼ばれました。

 

 

3週間飲んだお薬と エルの現在の状態を見て

やっぱり エルの病気は

自己免疫介在疾患症となりました。

自分の免疫を コントロールできなくなっちゃった、ってやつです。

 

今回 エルの免疫が攻撃したのは 「関節」です。

3週間 エルが飲んできた薬は 関節炎の薬だったそうです。

エルさん、全身の関節、特に背中の関節がずっと痛かったようです。

それを、お薬で抑えたことで全身の症状が みるみるよくなっていったのです。

(ぜんぜん 知らなかったよ ごめんねーー)

 

ホルモンが出なくなっていたのは どうしてでしょう?と伺ったところ

関節が痛くて、熱が出て ご飯が食べられなくて 食べても吸収できなくて

どんどん全身の栄養が悪くなっていって ホルモンを出す余裕もなくなっていったと

いう状態だったようです。

今回は ホルモン関係の治療薬を飲ませていなかったのに

状態がよくなったことからみて、免疫が副腎そのものを攻撃したわけではないだろうと

いうことでした。

これも 一か月くらいして全身の状態が完全に回復した状態で

もう一度 ホルモン検査すればはっきりするだろうけど、

たぶん大丈夫だと思うという判断でした。

 

エルさん、アジソン病じゃなかったんです

でも 手放しで喜ぶというものでもありませんでした。

 

免疫介在症ということは 次はどこを攻撃するかわからない、

ということです。

「膠原病」という病名が出てきました。

 

・・・・・

 

まった 面倒な病気がでてきたなぁ・・・・

 

 

いったん発症してしまったからには

この先 ずっとお薬を飲み続けなくてはいけません。

みなとよこはま病院とのお付き合いは 長ーくになりそうです。

 

でも 関節炎っていうのに どーぉもピンとこないのも確か。

だって エルさん、足を引きずったこともないし、

お座り、伏せもテキパキ出来るし、寝た状態から

ガバッと起き上がって走り出すなんてこともするし。

ワルサーズに比べれば 動きは緩慢だけど、

もともと チャカチャカ動く子じゃないし。

 

でも、エルは背中触ると嫌がるよねって ずっと長男は言ってたなぁ。

すごい猫背だったし。

そういえば 具合が悪くなるときって

長い散歩のあとや 爆走したあとだったなぁ。

 

今 エルが飲んでいる薬は 関節炎の薬の中でも

一番 軽い薬。

この軽い薬で 十分症状が抑えられているという状態が

なるべく長く続くようにしましょう、というのが当面の目標です。

今後、関節炎が進むかもしれないし、他の臓器にも炎症がおきる可能性もあるけど、

今 しっかり症状を抑えておくことで そんなことが起きないように、

また 起きるとしても  ずっと後に伸ばすことができるから、

ということでした。

 

免疫系の病気で 一番の敵は 「ストレス」。

精神的なものだけでは ありませんよ。

疲れただの、暑いだの、寒いだのもあります。

 

てぇことはだ、これからは

「エルちゃん、おつらいことはありませんか?気持ちよくお過ごしですか?」

と いつも エルの顔色をみて 便宜を図らなければいけないわけ?

 

なんか ムカつく。

 

まぁ、機嫌よくやっていきましょう。

 

 

1時頃 病院を出て お腹すいたねと歩いていると

病院のすぐ近くで いいお店を見つけました。

 

 

 

店内、わんこOK。

このお店を ギャラリーにすることもできるようです。

 

 

みなとよこはま病院に行く時には

ここでお昼を食べようかな。

駅に戻る途中にあるので便利です。

看板犬の ハルミちゃんも かわいかったです

 

 

流石に 帰ってきたら疲れた様子のエルさん。

ワルサーズの散歩にも ついてきたそうだったけど、

お留守番しててね、と置いていきました。

無理させるわけにはいきません。

 

毛並みも綺麗になってきたし、

食欲もしっかりあるし、

オモチャで楽しそうに遊んでいるし、

時々 ワルサーズともギャウギャウやってるし、

すっかり元気なエルさん。

 

病気をうまくコントロールしつつ、

長生きするんだ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ellemamaさん
アジソン病じゃなくて良かったです。
だけど今からは長いお薬生活ですね・・・
発想の転換・・お薬とは考えずにエルちゃんの
特別なサプリもしくは特別なおやつ!
前向きに考えてくださいね。
エルちゃんが元気なのが一番の救いですね。
ワルサーズと一緒に楽しい時間をいっぱい作って
立ち向かって下さいね。応援しています。

エルちゃんも なんだか難しい病気なんですね;;
色んな病名がでて 色んな可能性をお医者さんは 言ってくれるけど
実際の所 犬自信 どんな気持ちなのかをききたいです(´;ω;`)
シャルルの件も なんだかんだ言われますが 犬が喋れない分 獣医さんの話し
聞くしかないし・・・ でも ?? って思うこともあるし・・・
難しいですよね。 まーでも最終的には 長生き出来るように尽くしてやることしか
出来ないですね^^  エルちゃん元気そうで良かったヾ(=^▽^=)ノ

エルさん、アジソン病でなくて良かったですが、関節炎とは辛そうですね(>_<)
このまま軽いお薬で抑えられるといいですね。
でも、割と近くに良い病院があって安心ですね!
何はともあれ、エルさんが元気そうで良かったです*^^*
暖かくなったら、また一緒にお出掛けしようね~!

長く通っていたけど、病院の近所にそんなお店があったなんて知らなかったわ~

エルさん順調で良かったですね
1匹でママとお出かけ出来るんだから
病院通いもまんざら悪くないのでは?
一病息災、どうぞお大事に~


osumi&papillonsさま
たぶん アジソンじゃないだろうってとこです。
でも まだ副腎皮質ホルモンは
十分には 出ていないだろうから
時々 体調不良はありそうです。
免疫の病気って なかなか面倒そうです。
保険に入っておくべきだった~~~(><)

がんばりま~~す(^o^)

とももっさま
エルさん とにかく症状じたいがはっきりしなくて
なんとなく具合が悪そう・・・なので
体重が減るとか 熱がたびたび出るというものがなければ
病院にも行っていなかったかもしれません。
だから、体調不良が関節炎から来ていると言われても
はぁ、としか言いようがありません。

でも、エルの全身をずーーーっといじりまわして
今までの経緯を見て、血液検査の結果を見て
日本の獣医のなかでも関節の権威と言われる先生が
まず間違いなく 関節炎と言われるのですから
そうなんでしょうね。 現に処方された薬で 症状はよくなっているし。
エルを見ていても 関節が痛いとはちょっと思えないけど。

本当に「日本語喋れるでしょ? ちゃんとお話してごらん」
って言いたくなりますよね。 (エルさん しゃべりそうだし。)
シャル君、つらそうなのは 治りましたか?
痛がっているのは 見ていても辛いですね。
なるべく 快適に生活できるようにして
長生きしてもらわないとね♪

リっ君ママ♪ayaさま
まぁ、アジソン病も免疫系の病気なので
どっちが良かったというものでもないのですが
少なくとも、急死する怖さはなくなりました。

関節炎も色々あるみたいで どんどん関節が変形していくタイプと
変形はしないけど心臓に病変が起きるタイプとかあるみたいで
エルは どっちの関節炎なのか聞くの忘れてました。
今度 訊いてこようっと。

なるべくエルの楽しいことをさせてやろうと思いますが
彼女の好きなことって ボールを追って走り回ることなので
どれだけさせていいものなのかねぇ。
今は ワルサーズより ちょっとチヤホヤしてもらって
いい気分のエルさんです。
普通にすごしていいそうなので、
また お出かけしましょうね♪
(今 梅が綺麗ですね♪ お花見はどこに行きましょうか☆)

カールのママさま
このお店は 去年の11月にできたそうです。
駅から病院に向かう途中の交差点の角にありました。
車だと気がつかないかもしれません。
エルは ダックスが好きなので 看板犬のMダックスちゃんに
ちょっかい出していました。

お出かけといっても ずっとバッグのなかだし、
着いた先が 病院でエルがうれしいかどうか ビミョウです。
一病息災で 長生きできるといいですねぇ。

背中をさわると、嫌がるパピちゃんって、時々いますよね。
そういう子達も、何か病気があるのかもしれませんね。

エルさん、原因がつきとめられたので、薬の力とエルママさんの観察眼とで、上手に暮らしていけると思います。
モノが言えなくても、エルさんが言いたいことは、エルママさんに伝わるものね。
ますます以心伝心力に磨きをかけてくださいね。

エルさんは、愛情溢れるママさん&家族がいて、幸せな子です。

エルちゃん症状良くなってよかったですね♪
ドッグランに温泉に・・・この病院すごいっ!!\(◎o◎)/!
このままエルちゃんの調子が良いといいですね。

>「エルちゃん、おつらいことはありませんか?気持ちよくお過ごしですか?」

うふふ♪この台詞、女王エルちゃんには当然!(笑)
無理せず、一病息災で頑張ってね♪


hatataさま
腰の悪い子なんかは背中さわると
嫌がる子が多いみたいですね。
もっともエルは そもそもあんまり体を触られるのは
すきじゃない方なので そんなにあてには ならないかも。

今のところは 普通に歩いたり走ったりしていますが
ずーーっと この状態でいられるためには
何に気をつければいいのか 調べてもどうもよくわからない。
人間の関節炎も よくなったり悪くなったりしますものね。
なるべく サインを見逃さないようにしたいですが
あんまり神経質になると こっちが疲れそうです。

お嬢さんは 気持ちそさそうにヘソ天で寝てくれてますが
まぁ それが一番です。

ランさま
すごい病院ですよ、ここ。
磯子なんですが うちからだと電車で乗り換えひとつで
一時間ちょいで着きます。
車で行ってもいいのですが 駐車場が少なくてね~~。

エルさん 女王様ぶりに拍車がかかりそうです。
脅し文句は
「あたし、ストレス感じるわよ。いいの?」
エルちゃんの シツジになりそうです・・・・

エルママ

横浜市青葉区在住






センター : エル ♀ 
  (2004年3月19日)
  我が家の3パピの 女王様
  2008年秋 アジソン病発症
  2011年 1月17日 永眠








 ラック ♂
   (2006年12月7日)
パピヨンの魅力を世に宣伝
   する営業部長。





  
デューク ♂
   (2006年12月8日)
内弁慶のマイペース。
   意外性の男。





サブレ ♂
(2013年11月15日)
我が家の三男坊 期待の新星