膝蓋骨脱臼

エルとデューク
04 /09 2007

デューク 三回目のワクチン行ってきました。

今頃・・・?あんなに連れまわしているくせに・・?

 

そうなんですよ、ま、追加ワクチンはバルボだけだったし、

空気感染の病気は もう大丈夫だったし、

普通の市街地であんまりバルボは ないし。

と 言い聞かせていたのですが 晴れて お散歩できま~す。

 

前にワクチンを受けたときに 右足が少し膝がゆるいかもみたいなことを

先生に言われて 気になっていたので もう一度しっかり診ていただきました。

今度は 前の先生とは違う方で とても丁寧にデュークの足を

何度も曲げ伸ばし ぐるぐる回すを繰り返し

(これで はずれたらどーするんだー)

始めは されるままだったデュークも いつまでやってるのと

逃げてきそうになりました。

 

結論は 

 

「なんとも ありません。まったく外れません。」

 

あーーよかった~~~

 

健全な骨格を カール君 エディットちゃん ありがとう!!

 

エルは たぶん生まれつき膝蓋骨が収まる 滑車溝が浅かったようで

特に左が悪く 7ヶ月のときに手術しました。

 

 

手術翌日の エルです。

いたいたしー 

 

手術していただいた病院は 犬はよほど重篤でないかぎり

入院はさせない方針で(自分のハウスで飼い主がそばにいるほうが

 経過がいいという ことでした。)

見ているこちらもつらかったのですが、もう1週間もすれば

ケージに閉じ込めておくほうが 大変なほど元気でした。

おかげで 左足に関しては万全ですが このとき手術をみおくった

右足は ときどきはずれてキャンと 悲鳴を上げています。

 

デュークには こんな思いは させたくなかったので

本当に安心しました。

 

膝蓋骨脱臼は 先生によって意見が全く違います。

 

最初に エルを手術していただいた先生は

「手術をしないメリットは ほとんどない。

 物理的にあさい溝をけずって ゆるんだ腱を縫い縮めれば

 完治する疾患なんだから。」

というご意見。

 

今日の先生は

「犬自体が困っていないなら 手術する必要は ない。

 手術にともなう麻酔の危険や術後のケアの大変さを

 考えると、小型犬の場合は問題ない。

 運動も制限することはない。体重だけは 留意するように。」(あちゃーー)

というご意見。

ちなみに よく言われる屈伸運動にも懐疑的な先生でした。

 

エルの場合は 左足は一日に何度もきゃんきゃん悲鳴をあげて

痛がっていたこと、左と右で足の太さが変わってきたこと、

上から見ると逆くの字、つまり左足を外に出して体重を掛けない歩き方を

していたことなどから 手術をしたほうがいいと わたしが判断しました。

 

今は ときどき右ひざが外れますが ボール遊びもできるし、まっすぐ歩いているし、

そんなに困っている様子もないので このまま経過を見ています。

 

パピヨンは 膝がゆるい仔が 本当に多い犬種です。

膝に限らず、治療をどうするかは 飼い主さんが決めること。

子供のように あんたの判断にまかせるよ、

とはいえないつらさがありますよね。

いろいろな病院のいろいろな先生の 意見を聞いておくことが 大切ですね。

 

 

 

なんだか ぴったり寄り添って こっちを見上げていました。

デューク 4ヶ月めに突入です。

おっきくなったね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

デュークくん、なんともなくてホントよかったですね~"^_^"
エルちゃんが、おひざを痛めてるとは知りませんでしたが、ボール遊びもできるなら大丈夫なんですね、よかった!

2匹で寄り添っても、そんなに大きさが違わなくなって、デュークくんが大きくなったのがわかりました"^_^"とっても、仲良しでいいですね~!

ぱぴーも三度目のワクチンが来週です。
膝は私も心配なので次回の病院で診てもらおうと思ってます。
かなり暴れまわってよく転んでるので心配なんですよね・・・。

デュークくんよかったね!健康でよかったー。
おっきくなったし。ぱぴーがもし一緒に並ぶとすると大・中・小になりますよ!(笑)

エルちゃんの手術の写真はほんと痛々しい・・・。
痛かったね。がんばったね。エルちゃん。
ボール遊びも出来るくらいになれてよかったですね。でも心配することもあるでしょうね。

先生によって意見が違うのは決断するのに考え込んじゃいそうですね・・・。
いろんな先生の意見がきけるよう他の病院も探しといたほうがよさそうですね。


ちこやんさま
ほんとに ほっとしました。デュークのお里の仔は 骨格がしっかりしているので、
大丈夫だろうとは思っていたのですが(悪そうな兆候は全くなかったし)
きっぱり断言していただくとうれしかったです。
エルは 様子を見ながら 外れたときは静かにして、他は好きにさせています。
楽しく生活するのが 一番だもんね。

charmy-happyさま
ワクチンを3回するかどうかは 考え方みたいですね。2回で十分という人も
多いです。ま、ダメ押しってとこですかね。
膝は 診ていただいたほうがいいです。エルのときは知らなかったので
ボール遊びとか ハードにしてしまったかもしれません。

でも 緩いからといって普通に散歩していれば 筋肉がついて
外れにくくなることもあるそうです。
足を後ろに ぐ~~~っと伸ばすしぐさを していなければ大丈夫だと思いますよ。
(これが 典型的な膝蓋骨のゆるい仔の癖です。)

エルママ

横浜市青葉区在住






センター : エル ♀ 
  (2004年3月19日)
  我が家の3パピの 女王様
  2008年秋 アジソン病発症
  2011年 1月17日 永眠








 ラック ♂
   (2006年12月7日)
パピヨンの魅力を世に宣伝
   する営業部長。





  
デューク ♂
   (2006年12月8日)
内弁慶のマイペース。
   意外性の男。





サブレ ♂
(2013年11月15日)
我が家の三男坊 期待の新星