FC2ブログ

リベンジ伊豆旅行 再び下田の海

デューク ラック サブレ
06 /05 2019
龍宮窟を見学した後、伊東へ戻ることに。
(宿泊するお宿が伊東)
龍宮窟から西に進むと 弓ヶ浜という大変綺麗な浜があるのですが、
それは またのお楽しみにして 東に戻りました。
伊東に戻る途中には またまた有名な白浜海岸があるのですが、
そこではなく、向かったのは 去年も行った吉佐美大浜

下田 大室山00077216

有名な白浜には 5月でもサーファーや 観光客がいたのですが、
こちらの浜は 海水浴客がメインなのか 季節外れの時には ほぼ無人。

たまたま 犬のお散歩でよくここに来る、という方にお会いして伺うと
人がいなければ 結構皆さん犬を放して遊ばせていますよ、あまりうるさくは言われません、
というお言葉に力を得て、ワンコ達を遊ばせました。

下田 大室山00077218下田 大室山00077224
下田 大室山00077238

犬には 砂浜に来ると 走りたくなるDNAでもあるのでしょうか?
なんにもオモチャなんてなくても 走る走る。

本当に海はきれいだし、犬は楽しそうだし いうことなしです。

下田 大室山00077258下田 大室山00077265

私も 砂浜をサクサク歩いたので(走れません) 気が付かないうちに 筋肉をつかったとみえて
翌日 筋肉痛でした。

下田を通った時に ペリーロード行く?と一瞬思ったのですが
ま、前回行ったし、いいか、と素通り。
そのまま 伊東に戻りました。
お昼を食べがてら 愛犬の駅へ。
砂浜で 走ったばかりだから ドッグランとかいらんだろ、と
文字通り 人間の食事だけ。
(ここは 入るだけなら無料ですが、施設を利用するときは有料)
去年来た時は 雨に降りこめられて ここの室内ドッグランで2時間ほど過ごさせてもらって
助かったのですが、もちろん 室内ドッグランも有料。
でも 有料エリアの一歩手前に 撮影スポットがあるのに 前回気が付いたのです♪

せっかくなので 犬を並べて撮ってみました。
下田 大室山00077275

下田 大室山00077280
なんだか さっき行った実際の海のほうが
綺麗な気がする。


お腹もいっぱいになったし、チェックインの時間にもなったので
お宿に向かいます。

20190509-095716.jpg



リベンジ伊豆旅行 龍宮窟

デューク ラック サブレ
06 /04 2019
英国洋館風のお宿で さわやか~にお目覚め。

下田 大室山00077156
奥においてある カウチ、とっても便利に使いました。
なにせ お部屋に置いてあるソファが とってもちゃんとしたソファで
ゴロンと横になる、って感じじゃなくて・・(貧乏性)

これは 一人掛けですが、同タイプの3人掛けのソファがあった。
とても 寝転べない・・・
伊豆ニューヨークランプミュージアム00077076

どこに行こうが、 朝の日課のお散歩は変わりません。
近所を歩いて 大体の地理がわかって(愛犬の駅やアンダリゾートの近くだった)
そのまま お宿のドッグランへ。

下田 大室山00077136

下田 大室山00077140

下田 大室山00077141
5月の朝は 気持ちいいです。

まだ、朝ご飯の時間にならなかったので
今度は 室内ドッグランへ。

それほど広くはないですが 臭いもなく ちょっと遊ぶにはいい感じです。
室内ドッグラン内にあった おっきなぬいぐるみと一緒に。
下田 大室山00077149
かなり サブちゃんは怖かったようですが、
頑張ってもらって なんとか記念撮影。 この後
このでっかいワンちゃんが 前に倒れてきて 吹っ飛んで逃げました。

室内ドッグランに置いてあった椅子さえ、こんな風。
下田 大室山00077150

廊下に おいてある椅子も いい感じ。
下田 大室山00077153



我が家の廊下や建具は 全体的に濃いチョコレート色。
リフォーム特集00076615
10年以上前に この家に引っ越ししてきたときには 
もう少し明るい色のほうがいいな、と思ったのですが
最近 年取ったせいか、この暗い色を 落ち着いた色だと思うようになりました。
なので クオーレの 全体的に暗い色合いは とても気に入りました。
下田 大室山00077155


朝ご飯をモリモリ食べて(朝ご飯は和食)
次なるリベンジ 龍宮窟へ。
去年は 駐車場まで行きながら 倒木で立ち入り禁止だったのです。

去年行ったときは 伊東から下田って遠いな、と感じたのですが、
二度目は時間も道の感じもわかっているので 遠いとも思わず
一時間ちょっとで到着。
下田 大室山00077167


入口から ちょっと狭くて急な階段を下ります。
なんだか有名になったのか(CMにも登場したしね)
沢山の人がいました。
下田 大室山00077168



降りた先が こんな風景。
下田 大室山00077190
つい最近まで 立ち入り禁止の鎖などなく、
ここで泳ぐこともできたようですが、上からぼろぼろ岩がおちてくるらしい。

上を見ると こんな風にポカっと穴が開いています。
下田 大室山00077182


洞窟の向こうには 伊豆の海が広がっています。
下田 大室山00077189下田 大室山00077174

手前が かなり暗くて 向こうが超明るいという かなり難易度が高い場所。
鎖もあるし。
下田 大室山00077179


下田 大室山00077187


たまたま地元のスタジオのカメラマンさんがいらして
フラッシュを使うといいですよ、とアドバイスをくださったのですが、
内臓フラッシュだと 正面から明かりを照らすので
当然 こうなります。
下田 大室山00077192

目から ビーム!
下田 大室山00077195


吉永小百合さんが CM撮影の時に 立ったという場所に立って
撮ってみました。
下田 大室山00077199
地層がよく見えます。
とにかく海の水がとても綺麗! プライベートビーチみたいにして 泳ぎたくなるのもわかります。

洞窟を出ると 上から見下ろすことができる道があります。

上からのぞいた 龍宮窟。
下田 大室山00077203

確かに ハート型。

後ろを見ても 絶景。
下田 大室山00077209

下田 大室山00077207

ラックが入っているスリングですが、
これ、エルが小さい頃に購入したもの。 何年前??
若い頃は ラックもデュークも このスリングに入れようとすると
足を突っ張って 絶対いや!だったのですが、
今回 足場の悪そうな場所に行くことがわかっていたので
ラックのために持ってきました。(最近ラックは 急な道を嫌がる)
ラックも 年取って スリングに入っていると 楽ちんなことにきがついたのか、
ずっと ご機嫌で入っていました。
下田 大室山00077176
抱っこより スリングのほうがこっちも楽だし。
捨てずにとっておいてよかった。

この後、去年、美しさにカンドーした 海に再び行ってきました。
下田 大室山00077248

下田 大室山00077229

リベンジ伊豆旅行 ニューヨークランプミュージアム&フラワーガーデン

デューク ラック サブレ
06 /03 2019
もう6月ですねー。 
カレンダーを見て もう今年になって半年近くたったんだということに
びっくりですが、 今年は 5月に元号が変わって なんだかお正月が2度あったような気分だし
気候的には え? 先週まで まだ5月だったの?夏休み間近じゃないの?って感じ。
まだ 夏じゃないんだよね?


さて ながーい10連休だった今年のGW。
休みの間は 引きこもりだった我が家。どこ行っても混んでるしね。
で、連休が終わった5月7日~9日まで 伊豆に行ってまいりました。

伊豆といえば去年も行ったのですが、
去年の伊豆は色々残念でした。
はるばる行った下田の龍宮窟。到着して 駐車場に車を停めたら、
オジさんに 龍宮窟は今見られないよ、と言われた衝撃!!(
私たちが行った2日ほど前に倒木があって 見学者がケガをしたとかで
立ち入り禁止になっていました。
そのほかにも 行こうと思ったら休園日だった虹の郷とか
ただ券をもらったにもかかわらず 予定が入ってしまってキャンセルした
カーロフォレストクオーレ伊豆高原とか 
今回は それらの回収旅行です。


5月7日、連休が終わった翌日だけあって 道路も空いていて
お天気も良くて きもちよ~~く伊豆に到着。

駐車場は 城ケ崎海岸門脇つり橋近くの駐車場に停めます。
駐車料金は700円ですが ミュージアム利用者は 無料になります。

チケット売り場は  ちょっとここ? なんか 安っぽいんだけど?
というのが 正直第一印象。いかにも観光地の フードコートみたいな作り。
でもでも、 中に入って すごいギャップに驚きました!!!

伊豆ニューヨークランプミュージアム00076932

門をくぐったとたんこの風景。(門を撮り忘れましたが 門も素敵でした)
あの安っぽいチケット売り場(失礼)からは 想像できない風景。
御覧の通り ピッカピカのお天気だったので 犬は真っ白飛びしてますが
海は それはそれは綺麗でした。

伊豆ニューヨークランプミュージアム00076937

伊豆ニューヨークランプミュージアム00076942

伊豆ニューヨークランプミュージアム00076945
こんなわんこ撮りスポットもあります。

ランプミュージアムですから もちろんランプ展示もあります。
展示室には 犬はバッグインか カートの乗せていれば
一緒に入ることができます。
ここも すっごい素敵でした。

伊豆ニューヨークランプミュージアム00076960

伊豆ニューヨークランプミュージアム00076962

ランプだけでなく ステンドグラスもあります。
一番好きだったステンドグラス。
伊豆ニューヨークランプミュージアム00076969

もう 本物のほうがずっといいです。 
一つ一つ マジマジ眺めちゃいます。本当に綺麗。

伊豆ニューヨークランプミュージアム00076952

伊豆ニューヨークランプミュージアム00076954
ワンコもこんな風に入れます。

展示室そのものは それほど広くはありませんが、
ランプやステンドグラスが 結構間隔を開けずに並んでいるし、
一つ一つが 下世話にも 一体いくらくらいするんだろう?と思うくらい
クオリティの高いお品ばかり。
堪能できます。

展示室を出ると またまた素敵なガーデンが広がっています。

伊豆ニューヨークランプミュージアム00076973

伊豆ニューヨークランプミュージアム00076976
人も少なくて この素敵風景を ほぼ貸し切り。


ミュージアムの中は 犬は カートかバックインということだったので
カートを持って行ったのですが、
サブちゃん カートがあったら そこから降りたくない子。
無理やりおろしても すぐにカートに戻りたがって(すごいビビりなので 地面にいるのが怖い)
まったくモデルをやってくれない。


ぜったい降りない!といった子は カートに乗ったまま。
伊豆ニューヨークランプミュージアム00076994

おりこうさんのシニア達。
伊豆ニューヨークランプミュージアム00076979


なので こんな写真ばっかり。
伊豆ニューヨークランプミュージアム00077032



伊豆ニューヨークランプミュージアム00077052

今 気が付いたけど、何かお花で書いてあったのね。
伊豆ニューヨークランプミュージアム00077020



お庭に置いてあるオブジェがかわいい。
伊豆ニューヨークランプミュージアム00077023

伊豆ニューヨークランプミュージアム00077029


駐車場は 一日料金なので このままここに車を置いて
城ケ崎とかに行ってもいいし、なかなかお得。
お庭もランプも 見ごたえあるし また行きたい所です。 お花も変わるしね。


チェックインの時間になったので お宿のほうへ。
場所がわからなかったので グーグルマップ君に聞いていったら
グーグルマップ君お得意の 裏道抜け道ルートで案内してくれて
やたらジモティっぽいほそ~~い道をたどり 結局よくわからなくて
やっとこさたどりついたら もっと簡単に行く道があったとさ。

やっと到着したものだから 玄関も何も撮りませんでしたが
玄関入ってすぐのロビーが 素敵でした。
20190508-094126.jpg

英国洋館風をイメージしているそうです。
この建物 実は以前は完全和風の建物だったそうで
カーロが買い取ったときに 全館洋風に作り替えたそうです。
確かにお庭を見ると 以前は和風だったんだな、とわかりますが
まったく以前の姿が想像できません。

今回 我が家はスイートに宿泊。(2月に値下げされてラッキー)
伊豆ニューヨークランプミュージアム00077075伊豆ニューヨークランプミュージアム00077076
寝室とリビング 温泉の内風呂がありますが、
露天風呂がある広いお風呂が別にあるので そちらを利用。
(うち鍵がかけられるので 貸し切りにできるし)
去年オープンしたばかりなので 全体的にとても綺麗。

お宿にには ドッグランがあります。
となりにある 同じカーログループで 和風の宿泊施設はんなり と共有です。
早速ドッグランへ。

伊豆ニューヨークランプミュージアム00077061伊豆ニューヨークランプミュージアム00077062伊豆ニューヨークランプミュージアム00077063伊豆ニューヨークランプミュージアム00077068伊豆ニューヨークランプミュージアム00077072伊豆ニューヨークランプミュージアム00077073

なぜか ドッグランに来ると 普段あまり走らないラックまで
走り出す不思議さ。

こういう施設を利用するのは あまり若い子はいないのか、
活発な子は もっと違う施設に泊まるのか とにかくこういう所にきても
ドッグランで あまりほかの犬に会うことはありません。
ほかの犬がいたら デュークは嫌がるからいいんだけどね。

夕食は ダイニングでフレンチのコース。
犬達は カーロの施設では 定番の洗濯籠の中。
伊豆ニューヨークランプミュージアム00077096伊豆ニューヨークランプミュージアム00077095
落ち着いて いいみたいです。
閉じ込められてるわけではなく、でも 守られている感が 我が家の犬達には ぴったり。

こちらで 初めて猫ちゃん連れている方に会いました。 ペルシャの綺麗なかわいい子でした。
うちの犬たちは 猫とは撮れないので 残念。(猫は追いかけるものだと思っている)

夜のロビーもとても素敵。
伊豆ニューヨークランプミュージアム00077083

伊豆ニューヨークランプミュージアム00077080

伊豆ニューヨークランプミュージアム00077082

夜のほうが 雰囲気がいいと思います。

どうしても 犬達と撮りたくて
受付のスタッフさんに 犬をソファに乗せてもいいか、敷物とかなしで乗せてもいいか、
尋ねると 
「まったく問題ありません。犬のための施設ですから。どうぞ写真撮ってください。」
と、こころよくOKを頂きました。

伊豆ニューヨークランプミュージアム00077114

伊豆ニューヨークランプミュージアム00077113

伊豆ニューヨークランプミュージアム00077126

伊豆ニューヨークランプミュージアム00077133
洋風の家具と パピヨンって 本当に合いますね。
さすがは 宮廷犬。

翌朝、明るくなってからも 撮っちゃいました。

20190508-094531.jpg


室内もお風呂もとても綺麗だったし、
オープン間もない施設を盛り立てていこうという スタッフさんの気持ちをよくわかって
気持ちよく宿泊できました。
ダンナはとても気に入ったので またリピートしそうです。

今回は 伊豆に2泊。
翌日は 下田へ向かいました。

エルママ

横浜市青葉区在住






センター : エル ♀ 
  (2004年3月19日)
  我が家の3パピの 女王様
  2008年秋 アジソン病発症
  2011年 1月17日 永眠








 ラック ♂
   (2006年12月7日)
パピヨンの魅力を世に宣伝
   する営業部長。





  
デューク ♂
   (2006年12月8日)
内弁慶のマイペース。
   意外性の男。





サブレ ♂
(2013年11月15日)
我が家の三男坊 期待の新星