FC2ブログ

西宮~米子~西宮の旅 3

デューク ラック サブレ
11 /12 2018
ダンナの大阪での用事も終わり、
7日(日曜日)には 鳥取県米子に移動しました。
横浜から米子は なかなか遠いのですが、
西宮から米子は 結構近い。 3時間ちょっとで行っちゃいます。
(鳥取県は 兵庫県のお隣ですよ!)

勿論 ワンコ達も一緒。
わが家の場合、ワンコ連れで米子に行ったら、
絶対一度は 行くのが 大山(だいせん)にある ドッグラン。

西宮 米子 西宮00062981 

見てのとおり、スキー場。
雪のない時期に 無料のドッグランとして開放してくれています。


西宮 米子 西宮00063002 

西宮 米子 西宮00062896 
いかにも スキー場!!

とってもひろーーい ドッグラン。
ここに行き始めた頃は(6年くらい前?) あまり知られていなかったのか、
ちらほら犬がいる程度でしたが、有名になってきたのか、地元の方も利用するようになってきたようです。 
西宮 米子 西宮00062924

勿論、ワンコもいっぱいいるのですが、
西宮 米子 西宮00063079 

西宮 米子 西宮00062905
なんせ 広いし、
普段なら 他の犬にギャンギャン吠えるラックが
ドッグランだとあまり吠えません。
遊ぼ~~って 誘ってくれるワンコは 完全無視ですが。


なにせ、スキー場。
緩やかながらも 傾斜があります。
呼び戻しで 勢いよく走って来させるには
高い所から 低い所に呼ばなくてはいけません。
   西宮 米子 西宮00063015 西宮 米子 西宮00063016 西宮 米子 西宮00063022 西宮 米子 西宮00063024 西宮 米子 西宮00063029  
まぁ、走って来るだけいいか。

西宮 米子 西宮00063059 西宮 米子 西宮00063074 

西宮 米子 西宮00062901 西宮 米子 西宮00062990 西宮 米子 西宮00062991 西宮 米子 西宮00062992

まだまだ 元気に遊んでいてほしいです。


西宮~米子~西宮の旅 2

未分類
11 /08 2018
 

 今回、我が家にしては長期の旅行になったのですが、
5日6日と ダンナが大阪で用事があり、 私が10日に実家で予定があったので
最初は 別々に行く予定だったのですが、この際、一緒に行って 
間の7日~9日に 米子に行っちゃう? という大雑把な旅程。

5日と6日は 私は ヒマ~~なわけです。


全く初めての家というわけでもなく、特にシニア達には なじみの場所。
(むしろ デュークは隙あらば2階に遊びに行こうとして
油断ならない。2階は今は 別世帯!)
サブもおろおろウロウロすることなく、落ち着いていたので
よいこのワンコ達に留守番をしてもらって
西宮 米子 西宮00062733 
(姪っ子ファミリーが 実家の2階に二世帯住宅で住んでます。)



姉と一緒に こんなところへ行ってきました。
西宮 米子 西宮00062742 

西宮 米子 西宮00062743 


首都圏の者は 迎賓館というと 赤坂にある迎賓館を思い浮かべますが
京都にもあるのです。迎賓館。

赤坂にある ベルサイユ宮殿みたいな洋風の迎賓館と違い、
「和」の迎賓館。
一般公開しています。



門をくぐると 筋塀が続いています。
西宮 米子 西宮00062747
この筋塀って 皇室関係の建物に使われるものらしくて
筋の数が多いほど、格式高いそうです。5本の筋は 最高のもの。
この塀は 迎賓館のものではなく、(迎賓館は皇室に関係ないから 筋塀は使われない)
仙洞御所(譲位した天皇が住まわれる御所)のもの。
この塀に 近づきすぎると 「寄るな~~~、触るな~~~!!」って 
スピーカーから 音声が流れるそうですよ。


迎賓館入口。
西宮 米子 西宮00062748

セキュリティの関係上、撮影NGの場所もありますが、
中は 物に触りさえしなければ 撮りホーダイ。

西宮 米子 西宮00062749 西宮 米子 西宮00062750 西宮 米子 西宮00062751 西宮 米子 西宮00062753


日本の職人さんが 丹精こめた技術の粋を集めた逸品が
あらゆるところにあります。


釘隠しからして これ。
西宮 米子 西宮00062790 西宮 米子 西宮00062814
 



晩さん会の待合室(え~~?! 待合室?)の「夕映えの間」

(西側にある 日没風景)
西宮 米子 西宮00062762 

 西宮 米子 西宮00062754


東側にある比叡月映。
西宮 米子 西宮00062759 西宮 米子 西宮00062763
巨大な つづれ織りです。


洋食の晩さん会に使われる「藤の間」
西宮 米子 西宮00062802 

西宮 米子 西宮00062782 

西宮 米子 西宮00062778 

 西宮 米子 西宮00062780


正面に どどーんと藤。
西宮 米子 西宮00062801

西宮 米子 西宮00062795 

西宮 米子 西宮00062806 

つづれ織りで 描かれています。
お見事~~~~!!


西宮 米子 西宮00062796
天井の照明も 和紙でできていて
連凧を意識したものだとか。

この部屋は もうどこ見ても 溜息もの。

西宮 米子 西宮00062784 

西宮 米子 西宮00062809 



後ろを振り返れば 庭園が見えます。
西宮 米子 西宮00062767 

西宮 米子 西宮00062766 


西宮 米子 西宮00062804

廊下にベンチがあるので
座って ぼーーっと眺めていると・・・ あれ・・?

西宮 米子 西宮00062771 

西宮 米子 西宮00062770
 
なんか 雨、すごくない??


西宮 米子 西宮00062775 

西宮 米子 西宮00062776 

西宮 米子 西宮00062777

なんだか 京都迎賓館が 水害にあっているよう。

室内から見ているぶんには すごいねーで済むのでいいんですけどね。


しばらくすると 激しい雨も収まってきました。
西宮 米子 西宮00062791 
カエルが 飛びつきそう。


順路を 進んでいくと 「桐の間」
和の 晩餐室です。
西宮 米子 西宮00062812 

西宮 米子 西宮00062816 

西宮 米子 西宮00062818 

テーブルの長さは 全長12M。
漆仕上げの一枚板だそうです。 すげーーー!!
こんなところで ご飯たべられない~~~。
この漆、職人さんが毎年 メンテナンスしておられるそうです。

ずらりと並んでいる座椅子。
背中に 五七の桐の紋が蒔絵で施されています。
西宮 米子 西宮00062834 

西宮 米子 西宮00062835 
すべて違うデザインだそうです。

隣には 厨房。
西宮 米子 西宮00062810
こちらで 作られたものが すぐに供されるようです。


桐の間は まさに和室。
西宮 米子 西宮00062827 

西宮 米子 西宮00062828 

西宮 米子 西宮00062829 

西宮 米子 西宮00062837 

西宮 米子 西宮00062819 

西宮 米子 西宮00062817 

外国のお客様でなくても あちこちウロウロして眺めたいです。


桐の間からも 庭園が眺められます。
西宮 米子 西宮00062825 

西宮 米子 西宮00062838  



部屋と部屋をつなぐ廊下も まるで京都の路地のよう。
西宮 米子 西宮00062839 

西宮 米子 西宮00062843 


庭園にかかっていた廊橋。
西宮 米子 西宮00062859

西宮 米子 西宮00062851 

西宮 米子 西宮00062857 

池のほとりには 和船。
西宮 米子 西宮00062863

西宮 米子 西宮00062865

海外からの賓客が 舟遊びを楽しむそうです。

全館 博物館みたいな 京都迎賓館。
見ごたえたっぷり。


お眼目を堪能した後は お腹も堪能して帰りました。
西宮 米子 西宮00062870 

西宮 米子 西宮00062868 

手前 抹茶ソフト 奥は ほうじ茶ソフト。
大変 美味しゅうございました。

今度は 赤坂の迎賓館に行こっと♪



西宮~米子~西宮の旅 1

デューク ラック サブレ
11 /07 2018
10月の始め 5日~11日まで
私の実家の兵庫県と ダンナの実家の鳥取県米子に行ってきました。
なかなかの 強行軍です。
ワンコ達も一緒。 2年ぶりかな?



いつも 西宮に行くときには 朝5時ごろに出て
途中で朝ごはんにします。
毎度、朝ご飯の調達がてら 最初の休憩地の
新東名浜松SA。

西宮 米子 西宮00062706 
久しぶりに来てみると、
ドッグランがなんだか小さくなって 人工芝になっていました。

近頃 高速のSAにドッグランを設置するところが増えて ありがたいのですが、
SA側にしても ドッグランは 空地さえあれば簡単に設置できるし、
犬連れは 立ち寄るし ついでに買い物するし、
何か造るにしても 簡単に縮小したり なくしたりできる 便利は施設なんだろうな、と思います。

まっ平の人工芝になって 味気なくなりましたが、
わが家のワンコ達には 受けが良くなりました。

西宮 米子 西宮00062711 

西宮 米子 西宮00062719 

ラックは 最近 デコボコしたところや 草地では すぐにボールを見失ってしまうのですが、
この まっ平のドッグランだと 走りやすいし ボールを見失うことなく、
ご機嫌で走り回っていました。

西宮 米子 西宮00062718 

西宮 米子 西宮00062717 



勿論、サブちゃんもご機嫌でした。
西宮 米子 西宮00062714 




次の休憩地は 滋賀県 新名神の土山SA。
ここは ワンコの散歩をさせる方がとても多いSAです。
西宮 米子 西宮00062720
こんな草地があるからね。


ところが この小さな尾根道が意外と急こう配。
西宮 米子 西宮00062722 

砂地なので 滑るし。
三匹に引っ張られると かなり怖い。

西宮 米子 西宮00062727 西宮 米子 西宮00062724 
犬達は なんだか とってもご機嫌でしたけどね。

どこかの秋の高原みたい。
西宮 米子 西宮00062730


横浜から西宮の実家まで いつも2回くらいの休憩で行ってしまいます。

実家で遊ぶワンコたち。

西宮 米子 西宮00062735 

西宮 米子 西宮00062736 



新しいオモチャを 見せびらかすサブ。
西宮 米子 西宮00062737 

デュークは 横で 自分のオモチャを一人で楽しんでいます。

まだまだ 続く~~~~・・・


ラックの目 今はもう完治してます。

ラック
11 /06 2018
今年の10月は やけにバタバタしていて
あっという間に過ぎたのか、逆に密度がやたらと濃かったのか、
それすらはっきりしない内に もう11月です。 はやっっ!!



ラックの目が 春さきから どうも気になっていました。

都立野川公園201800041052 

都立野川公園201800041194 
これは 2月に撮ったもの。
そんなに 陽が差しているわけでもないのに、やけに眩しそう。

都立野川公園201800041195 

そして このころから 涙焼けが気になってきました。



3月の始め。
薬師池公園の梅林201800043626 

涙焼けがひどくなってきています。
花粉症かなぁ?と思うくらい ずっと涙目。


この涙焼け、ず~~~っと続いていて
桜の頃も
近所の桜まだまだ00044210 


紫陽花の頃も、
薬師池公園の紫陽花00062630 


プールの頃も
お家リゾート00058601 

涙焼けが バッチリ。
いつものお目目の 1.3倍くらいの大きさに見えました。


秋風がそろそろ吹いてい来る9月。
左目の 涙焼けは なんとなくマシになってきましたが、
夏の終わり 丘の上のパン屋さん 00062699 



右目は まだ 涙目っぽくて 涙焼けもあります。
夏の終わり 丘の上のパン屋さん 00062704 

本犬が それほど気にしている様子もなかったので
涙焼け拭きシートで 一日数回拭くくらいで
特になにもしていませんでした。


ただ、このころから だんだん目の大きさが変わってきているのに
気が付いて 気になっていました。
里山ガーデン秋00060608 

稲城中央公園00061175
特に屋外だと 右目をパッチリと大きく開けないで
眩しそうにしていることが増えました。


右目の周りが 目ヤニで汚れていることも増えてきて、
東高根森林公園00061271 

西宮~米子~西宮00062202 


これが9月半ばごろ。
このころになると、さすがにラック自身も目を気にして
前足でこすったり、ベッドやソファに顔を擦り付けるように。
家にあった 抗菌目薬を点眼するも 一向に治る気配なし。

10月3日、近所の獣医へ。
私は 単なる結膜炎かと思っていたのですが、
獣医さんが うーーーん、とうなる。

「これは もしかして ちょっと面倒なことになるかもしれませんよ・・・」

ただ、その時は それほど強くない抗炎の目薬をいただいて
一日 3~5回くらい差してください、とのこと。

タイミングが悪いことに その2日後には 関西の実家の方へ行かなければいけないことに。
実家にいる間も ラックの右目は 白い目ヤニでいっぱい。

そこで 実家の近くにある獣医さんへ。
そこでも 丁寧に診てくださり やはり うーーーん、とうなられる。
言われたのが 難治性角膜上皮びらん 無痛性角膜潰瘍。
外科的処置(角膜を一旦はがして その後にコンタクトを使用するとか)も
必要になるかもしれない・・・

え~~~~・・・

一週間ほどしか滞在しないことを伝えると
横浜のお医者さんに 渡してください、と ご自分の見解を書いた紙を下さり、
ベストロン点眼薬を処方してくださり、一週間 滞在期間だけ使用して
横浜に帰ったら すぐにまた獣医さんに診せてくださいね、と言われました。

あらぁ、ラックちゃんのお目目 そんなに面倒なものだったの?


一週間後、横浜に戻り、すぐに獣医さんへ。
ラックの目からは 相変わらず 白い目ヤニ。
わが家の近所の獣医さん、西宮の獣医さんの見解を読んで、
「やっぱりそうだよなー」と

「いきなり 大層なことはしませんが 
 角膜の表面のもろもろしたものを掻爬(そうは)しましょう。」

と 目に局所麻酔液を複数回点滴して(たぶんベノキシール?)
30分後に 右目の表面を綿棒でなでなで。
「暴れないでね~~」という獣医さんの望み通り、いい子ちゃんのラックでした。 

この処置を あと1,2回して 改善が見られなければ
もう少し本格的な処置が必要になるので 専門医を紹介します、とのこと。

これが 10月12日のこと。
一週間後に また診せてくださいということでしたが、
これを機に みるみる目ヤニが減って 目がパッチリしてきたラックちん。
一週間後の19日には ずいぶん目がスッキリしたね、と言われるほどに。(まだ目ヤニは出てました)
ヒアルロン酸の目薬は続けて 一週間後に診せてください、と言われたのですが
この後、飼い主が多忙になり、まぁ 有体に言うと 犬に構っている暇がなくなり 放置。

11月になって 改めてラックの目を見ると
なんか 治ってんじゃね??状態。 なーんにもしてないのに。

11月5日に いわば確認のために 獣医さんに。

「完治してますね~。 何もしてもらえないから 自己治癒能力が
   フルに発揮されたんでしょうね。」


ラックの目 回復00062621 

ラックちゃん お見事!
難治性角膜びらん って言われたのに。
完治に数か月かかるって言われたのに。完治しないかもしれないって言われたのに。
治療を始めてから 実質一か月かからずに治っちゃいました。

春先から 気になっていた涙焼けも綺麗に治っています。

自分の力で治すのが一番です。 それが一番犬の体に負担がかからない。
勿論 副作用もない。薬の力で 治そうとすると 違うところに無理がかかります。
ラックちゃん 頑張ったね、と おほめの言葉。
なにを 頑張ったの?


あっという間に あたりは 紅葉の季節。
ラックの目 回復00062616

どこかへ行けたら いいなあ。


エルママ

横浜市青葉区在住






センター : エル ♀ 
  (2004年3月19日)
  我が家の3パピの 女王様
  2008年秋 アジソン病発症
  2011年 1月17日 永眠








 ラック ♂
   (2006年12月7日)
パピヨンの魅力を世に宣伝
   する営業部長。





  
デューク ♂
   (2006年12月8日)
内弁慶のマイペース。
   意外性の男。





サブレ ♂
(2013年11月15日)
我が家の三男坊 期待の新星