FC2ブログ

1月17日

未分類
01 /17 2015


あれから 20年・・・・


って 書くとなんだか きみまろ風ですが、
勿論、阪神淡路大震災のお話です。



もう20年になるんですねぇ・・・

小学生だった息子が もう一児の父ですもんねぇ。







東日本大震災も 勿論衝撃だったし あれはまだ継続中みたいな感じですが、
阪神淡路大震災は とにかく人生最大のショックでした。


震災なんて 教科書でみる関東大震災くらいしか知らなかったから、
本当に現実に 大地震が起きた、しかも自分の生まれ育った所で、
ということに 本当にショックを受けました。

我が家は あの大地震が起きる前年に 西宮から神奈川に引っ越していたので
震災を経験していません。
でも 関西から関東に引っ越す時には 友達みんなに
関東は地震が起きるぞ~~と 散々言われました。


それなのに、どうして 関西で??



あれほどTVを見続けたのは あの日が最初で最後だと思うくらい
TVの前から動けませんでした。

横倒しになった阪神高速、
ぐにゃぐにゃになった阪急西宮北口から夙川の間の線路、
阪急今津線に落下している山陽新幹線の高架、
神戸の街に立ち上る複数の煙。

とてもとても 現実に起きていることとは思えませんでした。
(後で聞くと、現地にいる当の被災者達は 電気もないしTVなんか見ることなんかできないので
 そんな凄まじいことになっているとは全然知らなかったらしい。)


今ある生活は ものすごく脆い偶然の幸運の上に成り立っているんだ、
と 背筋が凍る思いで 実感しました。



あの年に生まれた子供たちが今年成人式。

神戸や西宮市では 震災前の人口を上回った人口になっているそうです。

今、神戸にいる若い子達にとって、阪神淡路大震災は
もう終わってしまった歴史上のエピソードに過ぎないのかと思っていたのですが
(かつての私にとっての関東大震災のように)
そうでもないようです。


4年前の東日本大震災の映像を ライブでいっぱい見ているから。
そしてそれ以降、日本列島が変わったらしいと わかっているから。


かつての私よりは はるかに今の若い人たちの方が
危機感があるようです。


失ってしまった沢山の命が教えてくれたことを
今後に生かしていかなければ。



これからの20年、
いっぱい災害があるだろうからね、富士山は噴火するかしら?


続きを読む

スポンサーサイト



エルママ

横浜市青葉区在住






センター : エル ♀ 
  (2004年3月19日)
  我が家の3パピの 女王様
  2008年秋 アジソン病発症
  2011年 1月17日 永眠








 ラック ♂
   (2006年12月7日)
パピヨンの魅力を世に宣伝
   する営業部長。





  
デューク ♂
   (2006年12月8日)
内弁慶のマイペース。
   意外性の男。





サブレ ♂
(2013年11月15日)
我が家の三男坊 期待の新星