FC2ブログ

夏に犬を飛行機に乗せる

わんこ
08 /20 2013

今年のお盆も 米子に帰ってまいりました。



ワルっこも一緒。

米子お盆 2013









いつものように ANAのペットらくのりくサービスを利用しました。


IMG_04072013年夏 米子



我が家がこのサービスを利用したのは 8月14日。

米子に着いてから知ったのですが、その2日前の8月12日に
同じANAのペットらくのりサービスを利用した、
チワワが熱中症で死亡する事故が起きていました。 



驚いて、関連の記事を読んでいて、改めて恐ろしくなりました。

ANAのペットを預ける時の注意事項。→ 

今までも勿論読んではいたのですが、
2日前に死んだ犬がいる、という事実を知って
読むと 本当に恐ろしい。 



問題はこれ。

お預かり後は出発間際まで空調の効いた場所にて保管いたしますが、航空機への搭載、取り降ろし時は外気にさらされ、夏場・冬場ともに温度・湿度において大きな変化が生じます。特に夏場においては駐機場の反射熱などにより外気温に比べて高温になる場合もございます。



今年の夏の暑さは 尋常じゃない。

外気温が35度の時に それ以上の高温になるかも、って・・・・


ネットで 「まともな神経の持ち主なら利用しない」とか、

「ペットホテル代をケチるクソ飼い主が利用するサービス」とか
言われているのも 無理ないのかな。


連れてきてしまった以上、連れて帰らなければいけないので
また 飛行機に乗せるしかありません。

羽田で元気な姿を見るまで、どれだけ不安だったか。

直近で死亡事故があったので、とりわけペットの扱いには
神経を使ってくれるかな?という期待があったのも事実だけど。
(預ける時に 行きも帰りも 健康状態など、かなり念入りに聞かれた)



我が家では 今回を入れて今まで4往復。
合計8回、犬を飛行機に乗せています。
これまでのところ、飛行機に乗せた後で体調不良になったり、
情緒不安定になったりしたことはありません。
引き取る時によく見るのですが、暑かったり不安だったりする時によくある、
よだれでベチャベチャになっていたこともありません。


犬種的に パピヨンが暑さに極端に弱い犬種ではないこと。

ワルっこが 飼い主から離れて ケージに入ることには慣れていること。

2頭を同じクレートに入れてもらっているので 一人ぼっちで不安ということはないこと。

音に関しては わるっこは神経質ではない、特にデュークは全く平気なこと。

などの条件に加えて、たまたま今まで 外に長時間放置されることがなかったのでしょう。


夏の飛行機の危険性の認識が甘かったことを
激しく反省いたしました。



これから夏の帰省時には ワルっこは預けていくしかないかな。

車で帰省は ダンナは絶対嫌がるだろうし。

でも おばあちゃんは ワルっこが来るのをとても喜んでくれるんだよね。
マルチーズを12年も飼っていたものね。

大山で楽しく遊んだけどもう行けないかな。

航空会社が ペットの客室持ち込みを認めてくれたらいいのにね。

JRのカート持ち込みも禁止になったので 西宮に帰省するときも
ワルっこはお留守番になりそうです。


やれやれ。





スポンサーサイト

エルママ

横浜市青葉区在住






センター : エル ♀ 
  (2004年3月19日)
  我が家の3パピの 女王様
  2008年秋 アジソン病発症
  2011年 1月17日 永眠








 ラック ♂
   (2006年12月7日)
パピヨンの魅力を世に宣伝
   する営業部長。





  
デューク ♂
   (2006年12月8日)
内弁慶のマイペース。
   意外性の男。





サブレ ♂
(2013年11月15日)
我が家の三男坊 期待の新星