FC2ブログ

抗体価検査

デュークとラック
09 /06 2012
犬のワクチン接種に関しては 色々な意見や 考え方があります。




http://nikukyugohan.blog.fc2.com/blog-entry-30.html ← ワクチンは100害あって1利あり的考え方


http://www.petseikatsu.com/wakuchin02.html
 ← 毎年ワクチンと 3年に一度のワクチン接種の考え方


http://blog.goo.ne.jp/idconsult/e/ce480a94a5d9a71c48b530961fbc79b0
 ← ワクチンをしっかり打つ派。感染症コンサルタントの方のブログです。


http://blogs.yahoo.co.jp/kasuke1119/30236598.html ← パリでワクチン接種した方のブログ。フランスのワクチン事情。



医者でもなく、獣医でもなく、何かの専門家でもない私には
どの意見が正しいかなんて、さーーーっぱり分かりません。


毎年混合ワクチン接種すべきなのか、
毎年混合ワクチン接種してもいいのか、
3年に一度の混合ワクチン接種いいのか、
3年に一度の混合ワクチン接種でもいいのか、


専門家でも 意見が分かれるところらしいのに、
シロートに判断できるわけない。



そこで、シロートでも一応、合理的な考え方ではないかと思われる
方法にすることにしました。


抗体価を調べて、抗体が下がっている病気のワクチンを打つ。



3月 ヒルサイドガーデンブログ0016

まぁ、そう言わずに・・・



0歳の頃から 毎年5月に5種の混合ワクチンを打っているワルっこ。

IMG_1817.jpg

IMG_1818.jpg

                       ↑ 
           接種当日、散歩を控え安静にしている0歳児のワルサーズ。





今年は 5月にワクチンを打つのをやめ、
6月に抗体価の検査をしていただきました。



調べた種類は

パルボ、ジステンバー、伝染性肝炎(アデノ1) 伝染性喉頭気管炎(アデノ2)、パラインフルエンザ、コロナ
の 6種。


結果は8月に出たのですが、ラックもデュークも ほぼ似たようなものでした。




パルボ、アデノ2種類、パラインフルエンザ、コロナは 
十分な抗体価がありました。
特に パルボに至っては 発症防御抗体価の2ケタ以上の抗体価でした。
(200でいいものが 10000以上。)



こんな抗体価がある一方、ジステンバーの抗体はありませんでした。




2011_12_27 ヒルサイドガーデンDPP_0054

2011_12_27 ヒルサイドガーデンDPP_0060

そんな顎が外れるほど、怒らなくても。



この結果は とても一般的な結果だそうです。

パルボの抗体は わんさかある、一方、ジステンバーの抗体価は低い。

多くの犬がこのパターンだそうです。

ジステンバーの抗体は 出来にくい、定着しにくい。
全製薬会社のワクチンに当てはまる結果だそうです。


それって どーなのよ!?
だから、毎年接種を勧めるわけ?
それって 製薬会社の策略ですか?と 思わず先生に聞いてしまいましたが、
そう言うわけでもないようです。
製薬会社側でも理由を突き止めかねているようで、
色々研究途上だそうです。


でも、多くの犬が抗体を持っていないにもかかわらず、
ジステンバーの大流行はない。
実際、ジステンバーで持ちこまれるのは ブリーダーもしくは
流通途中、ペットショップにいる子犬ばかり。
通常に飼育されている成犬が ジステンバーに罹患することは まずない。
抗体がどのように働いているのか、研究されるべき課題だそうです。


ですから、ジステンバーの抗体がないからと言って、
あわててジステンバーのワクチンを打つ必要はないですよ、とは言われたのですが、
やっぱり心配といえば、心配だし、
なにより、5種以上のワクチン接種を義務付けている施設の利用が
しずらい。

抗体価の結果を バーーンと受付に出して
ワクチン打ってないけど抗体はあるんだよ、文句あっか!の
啖呵が切りづらい。
(そこかよ。)




てなわけで、ワルっこは ジステンバーのワクチンを打ってきました。

注 : ジステンバー単体のワクチンはありません。
    ワルっこが打ったのは ジステンバーと伝染性肝炎 伝染性喉頭気管炎の3種ワクチンです。





2012_08_22 西湖 ブログサイズ0104




抗体があるかどうかはともかく、
証明書はあります!!!






ワクチンをどうするかは 本当に飼い主さんの判断だと思います。


犬とどういう生活をするのか、

アウトドアを一緒にたっぷり楽しみたいのか、
犬が沢山集まる処によく連れて行くのか、
ワクチン証明の提出を求められる処をよく利用するのか、
犬に持病があるのか、アレルギーがあるのか等、
条件が全く違うので 一律にはどうすればいいって言えないと思います。



飼い主が予防できることは した方がいいでしょうね。


病気の感染源は 不潔なペットショップと言っても過言ではない。
そんなところに 犬を連れて行かない。
そんなところに、トリミングやシャンプーに出さない。
不特定多数の犬が集まる処へ行く時は 体調に十分配慮すること、等ですね。



元気に楽しくワンコライフを送れますように!!




スポンサーサイト



エルママ

横浜市青葉区在住






センター : エル ♀ 
  (2004年3月19日)
  我が家の3パピの 女王様
  2008年秋 アジソン病発症
  2011年 1月17日 永眠








 ラック ♂
   (2006年12月7日)
パピヨンの魅力を世に宣伝
   する営業部長。





  
デューク ♂
   (2006年12月8日)
内弁慶のマイペース。
   意外性の男。





サブレ ♂
(2013年11月15日)
我が家の三男坊 期待の新星