FC2ブログ

ベジタブルサポート ドクタープラス

未分類
05 /02 2012
リンゴ喉詰め事件で ラックは全身麻酔で内視鏡を使用して
リンゴを取り除いたわけですが、
全身麻酔をする前に 当然 血液検査をして
麻酔をかけても問題ないか、調べるわけです。

実は、ワタクシ、この血液検査の結果にすっごく注目していました。







去年、いろいろとラックの気になる点を検査して、どうも肝臓が弱いらしい。 → 

ということが分かり、

じゃあ と、ご飯を肝臓サポート食にしてみれば、
驚きの数値の変化。  → 

このままでもぜんぜん問題なかったのですが、

今年の1月に去勢手術をした時に そこの獣医さんに勧められたのが
ベジタブルサポート ドクタープラスというサプリメント。
(この時も 勿論、麻酔に問題なしの検査結果でした。)

ベジタブルサポートドクタープラス



サプリメントではあるのですが、獣医師しか購入できないし
もはや薬といっていい効果があるものだと言われました。
そこの病院では 肝臓サポートと ベジタブルサポート・ドクタープラスの組み合わせで
肝不全にまで移行した患畜は いまのところいないということでした。

野菜のファイトケミカルやアミノ酸って 偉大なんですねー。

詳しいことを知りたい方は こちらをみてね。 →  ☆


さっそくこのサプリを購入して 以後はずっと肝臓サポートと ベジタブルサポート・ドクタープラスの
組み合わせを ラックの食事にしてきたわけですが、


去勢後、ぷくぷくと太ってしまった ラックちん。(⌒_⌒;

2012年 河津桜ブログ0001

そんなこと あるんですよ。
元々 2.2キロだった子が 2.6キロはまずいっしょ。



そこで いったん肝臓サポートをお休みして
デュークと同じ生肉を中心とした 生食に戻してみました。
ベジタブルサポート・ドクタープラスは そのままで。


4月6日に狂犬病ワクチンを打ってから 変えたので
ほぼ一カ月近く、お肉中心のご飯だったわけです。


急に GPTの数値が上がることはない、とは言われていましたが
やはり気になる肝臓酵素の値。


今回の結果は。

GPT 27です。 (基準値が 18~71)

去年の 8月に調べた時の数値が 60だったので さらに下がっています。
ここしばらくは お肉中心の食事だったのにも かかわらず!

ちなみに 去年の平成23年5月6日の GPTの数値は 233。
この時の食事と 今の食事で違うのは ベジタブルサポート・ドクタープラスだけです。



すっごーい!!


(あ、体重の方は 2.6キロで 変わっていませんでした、はは・・・ヽ( ´ー`)丿)



肝臓のことで 気になっていることがあるなら、
試してみる価値あるかもです。


獣医師しか 購入できないはずですが、
何故かここでネット購入できます。 私は ここで買ってます。 

アムリット動物長生き研究所  





それにしても どうしてエルの時に 
もっと真剣に肝臓のことを考えなかったんだろうと思います。

ステロイドを呑んでいるから、肝臓の値が悪くなるのは仕方がない、とか
肝臓の薬はない、とかで済ませてしまわずに

食事を肝臓サポートにもっと早く変えてみるとか、(食欲がなくなってからでなく!!)
肝臓に効くサプリメントで検索してみれば ヒットしただろうに。
今頃、まだ元気に ガっついていたかもしれないのに。


後悔はいくらでも出てくるけれど、
エルが教えてくれたことを 大切にしよう。

リンゴなんかで 死なせてたまるか。




スポンサーサイト



エルママ

横浜市青葉区在住






センター : エル ♀ 
  (2004年3月19日)
  我が家の3パピの 女王様
  2008年秋 アジソン病発症
  2011年 1月17日 永眠








 ラック ♂
   (2006年12月7日)
パピヨンの魅力を世に宣伝
   する営業部長。





  
デューク ♂
   (2006年12月8日)
内弁慶のマイペース。
   意外性の男。





サブレ ♂
(2013年11月15日)
我が家の三男坊 期待の新星