FC2ブログ

タマーレス兄弟

デュークとラック
01 /12 2012
ワンンワンワンの 1月11日。

ワルサーズは、揃ってタマーレス兄弟になりました。



そもそもが ラックの「歯」から話は始まりました。

ラックの右下奥の歯が 以前から これはもう抜いたほうがいいねー、
という状態だったのですが、 一本だけだし、
わざわざ麻酔をかけて 手術するのもねー・・・と様子見をしてきたのですが、
去年の暮に 定期健診に行ったところ、

うーーーん、状態は悪くなってるね、
どうせ抜かなきゃいけないなら、体調が問題ない時に抜いちゃう?
(肝臓のことやら、てんかん?のことも伝えてあります。)
ってことになり、全身麻酔をするなら ついでに 去勢も・・・・
ラックを去勢するなら ついでにデュークも・・・・

と デュークにしてみたら とんだトバッチリで (デュークの歯は全く問題なし)
2匹揃って タマーレスになることに。


去勢手術は お泊まりでも日帰りでもOKということだったので
ヘタレのデュークがお泊まりに耐えられるか?というのと、
翌日にまた迎えに来るのが面倒 愛犬と一晩でも離れたくないという、
飼い主側の都合で 日帰りコースに。


心配だったラックの肝臓もぜんぜん問題なく、手術は行われ、
その間 私は都内で時間をつぶし、(イチきなママさん、お付き合いいただいてありがとー☆)
夕方 病院に迎えに行き
顔の周りに パッとお花が咲いたワルサーズを連れて帰ってきました。


お花が咲いたワルサーズ。

ラック。
2012_01_09 琴平神社DPP_0006


デューク。
2012_01_09 琴平神社DPP_0007


なんだか愛想がないのは ご容赦ください。


おもったより普通で エリザベスカラーをガンガンぶつけながらも
そこいらを歩きまわり、
ご飯もぺロっと完食。
お薬も問題なく飲んでくれて、助かりました。

あんまり痛そうでもないし。

普段、ワルっこはクレートで寝るのですが、
このカラーを装着したままでは クレートに入れず、
リビングでフリーでお休みになられました。



手術翌日の今日のワルサーズ。

まったく普通。
思った以上に普通。
びっくりするほど普通。

去勢手術を受けた子が みんなこうなのかどうかわかりませんが、
ワルサーズは ほぼいつも通りです。
あ、取っ組み合いと運動会はしてないな、さすがに。

ラックなんて ソファでおマタおっぴろげて ヘソ天。

2012_01_12 去勢ごDPP_0013

痛くないのか??

息子が上から覗きこんで

「・・・・うわぁ・・・ うわぁ・・・ ・・・うわぁ・・・・・・痛々しい・・・・」


撮られていることに気がついたラッ子ちゃん。

2012_01_12 去勢ごDPP_0014





デュークもいつも通り。

2012_01_12 去勢ごDPP_0018

よくこの状態で 一緒に寝るなぁ。



食欲も変わらず。

おやつを見せると 二人でいいお顔。

2012_01_12 去勢ごDPP_0019



傷口には 保護テープがペッタリ貼ってあるので、
多少なら舐めても大丈夫。
そんなに気にしないなら、カラーはしなくてもいいと言われたので
ラックは 外しました。

デュークは 抜糸まで絶対付けていてください、との厳命なので
ずっと首の周りには 桜が咲いています。

このまま順調に回復していってくれることをお祈りしまーす。









続きを読む

スポンサーサイト



エルママ

横浜市青葉区在住






センター : エル ♀ 
  (2004年3月19日)
  我が家の3パピの 女王様
  2008年秋 アジソン病発症
  2011年 1月17日 永眠








 ラック ♂
   (2006年12月7日)
パピヨンの魅力を世に宣伝
   する営業部長。





  
デューク ♂
   (2006年12月8日)
内弁慶のマイペース。
   意外性の男。





サブレ ♂
(2013年11月15日)
我が家の三男坊 期待の新星