FC2ブログ

ももいろクマと ピンクバニー

デュークとラック
08 /09 2011
以前、いきなりラックが ヘンテコな動きを見せまして →  ここね。

それがきっかけとして チョイチョイと検査をしてみると
なんだか肝臓が生まれつき ちょっと弱いかもねーということがわかりました。 → ここね。


ま、たいしたことなかったので 何も治療はしないでそのまま様子見ということになったのですが、
ご飯だけは変えました。

それ以前は 生肉中心だったご飯を・・・

肝臓サポート。

img10413767588.jpg



エルのために どっさり買い込んでいたのを まるまる残してエルさんは逝きやがったので
まぁ、試しにラックちん食べてみる?と 差し出してみたところ
まぁ がつがつ食べる食べる。

エルなんて 匂いをかいだだけで ぺぺぺぃっって感じだったのに・・・

IMG_3752.jpg

いや・・・ ないです・・・



お利口なラックは これを2ヶ月間食べ続けてくれまして
先日、問題だった肝臓酵素の値はどうなっているだろうかと
検査に行ってきました。


5月26日の検査では 

GPTが233 (基準値は だいたい18~71)


それが 8月6日の検査では

GPTが60!!  


ラックちん、これからも肝臓サポート食に決定です!!!


肝臓サポートも勿論ですが、肝臓にいいサプリメントとして
ハーブに詳しい方から勧められたのが

マリアアザミというハーブ。



有名なウコンとどう違うかといえば よくわからないのですが

ウコンの作用

マリアアザミの作用


ウコンは 肝臓がダメージを受けないように助ける?
マリアアザミは ダメージを受けた肝臓を助けるって感じ??

5日飲んで 2日休むという飲み方がいいよ、と教えていただいて
そのとおりにしていて、良い結果になったので よしとしましょう。

もし、肝臓に不安があるワンコがいたら すこし試してみてもいいかも。

人間用のカプセルをキュキュッと開けて ご飯にぱらぱらまぜるだけ。



デュークは今まで通り、生肉中心のご飯です。

ただ、3パピで食べていた時は 小型犬とはいえ、
それなりに量を食べていたので 一か月ほどでなくなる量を買っていたのですが

(お世話になっていた 羊肉のなみかたさん。

生肉を食べるのが デューク一匹になってしまったので
いろいろ買っちゃうと なかなか減らない。

というわけで、最近お世話になってるのが

バーフダイエット。 ← ホッピー君のママに教えていただきました。

生肉にいろいろと骨、内臓、野菜や果物をいれて パテにして冷凍してあります。
解凍すれば そのまますぐに与えられます。
生肉のドッグフードですな。


なんて ラクちん。


冷凍されたパテ。

2011_08_09 バーフダイエットDPP_0002

ご覧のように そこそこデカイです。


重さは

2011_08_09 バーフダイエットDPP_0004

2011_08_09 バーフダイエットDPP_0003


これが12枚ワンセットですから 結構でかくて重い。
冷凍庫にいくつもは 入りません。

デュークは このパテを一日 1/3枚食べています。
70gくらい。
少ないように思いますが、体重は減っていないので足りているのでしょう。
ただ、このままだと ウンがコロコロかちかち。
すこしデュークには 骨の割合がおおいのかもしれません。

そこで 納豆やアボカドなどを混ぜています。




デュークめし。
2011_08_09 バーフダイエットDPP_0007

この日は アボカドとアルファルファを混ぜています。


ラックめし。
2011_08_09 バーフダイエットDPP_0006

デュークと同じものが 混ざっています。



初公開!!!


デュークとラックのスヌード姿!!!!





2011_08_09 バーフダイエットDPP_0008

2011_08_09 バーフダイエットDPP_0009



ご飯の前に 待ては 通常はしないのですが、

2011_08_09 バーフダイエットDPP_0010

2011_08_09 バーフダイエットDPP_0011


ご飯から全く目を離さないラックと 私から目を離さないデューク。


はいはい、 


よしっ!!



2011_08_09 バーフダイエットDPP_0015

2011_08_09 バーフダイエットDPP_0014


スヌードは はじめは嫌がって逃げ回っていたのですが
やっと最近、これをつけなきゃ 飯にありつけない事を理解して
座って待っているようになりました。





ほんとは デュークいらないんだけどね。


追記 :

生肉が肝臓に悪いというわけではありません。
生肉のような良質のたんぱく質は むしろ肝臓に必要なものです。
肝臓によろしくないのは ジャーキーのような加工品。
また 質の悪いタンパク質、脂肪、添加物が使われている安価なドッグフード。
検査していただいた 獣医さんも生肉で肝臓が悪くなったとは考えにくい。 
あまり そんな例はきいたことがない、と言われました。
ラックの場合は むしろ たまたま 肝臓サポートがあったと
考えた方がよさそうです。


スポンサーサイト



エルママ

横浜市青葉区在住






センター : エル ♀ 
  (2004年3月19日)
  我が家の3パピの 女王様
  2008年秋 アジソン病発症
  2011年 1月17日 永眠








 ラック ♂
   (2006年12月7日)
パピヨンの魅力を世に宣伝
   する営業部長。





  
デューク ♂
   (2006年12月8日)
内弁慶のマイペース。
   意外性の男。





サブレ ♂
(2013年11月15日)
我が家の三男坊 期待の新星