FC2ブログ

撮影実習  == 葛西臨海公園 ==

写真
10 /12 2010
写真は 不思議です。

なんてことない物でも ファインダーを覗いて
切り取ることでいきなり主役になります。


キノコ


芝生の中で埋もれてしまいそうな小さなキノコ。
オレンジのグラデーションで なんともかわいい。




落ち葉

スポットライトを浴びた舞台の上のスターのような 落ち葉。




同じくスポットライトを浴びているかのような葉っぱ。

もみじ1


日に透ける葉っぱ。

影の写し込みもみじ



前ボケを使ってみる。

前ボケもみじ



なるべくバックが暗いところを探す。

バックを気を付けてもみじ



何でもない物をドラマチックに撮ることを心掛けて。
・・というテーマでの撮影でした。

・・・ドラマチックって・・・・ どんなの・・・・?




青い空を 青く撮る。
これは とても簡単。

観覧車

青空を青く撮りたければ 太陽に背を向けて
太陽と反対にある空を撮る。
フィルターもテクニックも何も使わずに、真っ青。


他にも、広角レンズを使って、迫力ある風景写真を撮るなんて
テーマもあったのですが、どう贔屓目で見ても
うまく撮れたとは言えないので、写真はパス。
理屈はとても簡単。
手前に大きなものをいれ、遠くになるほど小さくなっていくものを
写真の中に取り入れる。  すると奥行きのある迫力ある写真になる。
・・・のハズなんだけどねぇー




撮影実習はここまでだったのですが、
この後、公園内の鳥類園ウォッチングセンターで行われた
バードウォッチングに参加してきました。

とても有名な先生(すみませーーん、名前忘れましたー)が
ツアーガイドに付いてくださり、公園内の鳥類、、
そして生物多様性(最近よく聞く言葉ですね。)について説明してくださいました。
自然界の動植物は すべてバランスを保って存在している、無駄なものは何もない。
人間が 変な手を入れるから バランスが崩れてしまうのだと力説!!
ブラックバスとソメイヨシノは 敵扱いでした。

一羽のムクドリが一年間に食べる毛虫の数は何匹だと思います?
なんと8万匹ですって!
すごいですね~~~

でもそれを聞いていた先生(カメラのね)が、
「ってことは 1羽のムクドリがいれば その8万倍の毛虫がいるってことですよね・・・?」
      ↑ かなりの毛虫嫌い

細かいことを考えるのは よしましょう。



さて、問題です。

この写真の中に バードウォッチャーに人気の鳥がいます。
カワセミの池

わかんないっすか?


ここですよん。
カワセミの池○

赤丸の中にいます。



無理ですよね~~。
カメラを覗いて、持っているレンズを最大にズームしても
わかんなかったですもんね。



カワセミ

カワセミです。


本来なら、池の中にある枯れ木の上に止まって
魚を狙うように池が設計してあるのですが、
この時は どういうわけか、奥の方で魚とりをしていました。
うちから それほど遠くない緑道でも見ることが出来るカワセミだそうですが、
私は、初めて本物を見ました。 双眼鏡越しですけど。
ちょっと嬉しい 


鳥を撮るのは 難しいですね。
先生は 北海道の撮影なんかでは 200㎜レンズは広角、400㎜で標準、
600㎜以上でないと望遠にならないとおっしゃっていましたが
(それほど雄大らしい。)
きっと鳥の撮影もそんな感じだと思う。



この日のお気に入りショット。

鷺

DPP_0016.jpg



なんだか写真は 涼しげに見えますが、実は暑くて
どないなってんねん!!!と 叫びたくなるような1日でした。
今年の秋は やっぱ 変!!!
扇風機、しまったのに~~~





セレブな街で買ったもの

ラック
10 /12 2010
先日セレブな街に繰り出したのは
セレブなランチを楽しむのが主目的ではありません。
勿論、わんこ大撮影会が目的でもありません。


・・・そうは思えないかもしれませんが・・・


本来の目的は これを買いに出かけたのです!!!



        


ラックハーネス着装


ラックのそっくりさん・・・?


違います!!


これです、これ。


ラック後ろ姿


リード?

ちゃいます!!




これです!!!


リングハーネス


メガネ・・・・?


いえいえ、ハーネスでございますよ。



どうもラックさんが着装すると、なんだかよくわからないので
我が家にいる他の方にモデルをお願いいたしました。



どーーーーんっ

リングハーネス となかい1




ばーーーーっん

リングハーネスとなかい2



じゃーーーーっん

リングハーネス4




バックもね

リングハーネスとなかい3



トナカイさん、御苦労さまでした。


このハーネスを購入したのは、広尾のFULLYFULLYさん。

こちらのお店ではリングハーネスと呼ばれていますが
本当の名前は  Buddy Belt(バディ-ベルト)カナダで開発されたハーネスです。


首への負担を軽減し、気管を圧迫しない獣医師推薦のハーネスだそうです。



実は ラックは少し首が弱く、頸椎形成不全もしくは環椎軸椎亜脱臼ってやつです。
食べ物を頻繁に喉に詰めて 窒息しそうになるので気管が悪いのかと
受診してみたところ、わかりました。
頭と首をつなぐ頸椎が少し弱いと云うものですが、
この病名、聞くとなんだかビックリですが、小型犬の7割から8割が持っているものとか。
全く症状が出ないまま元気に一生を過ごす子が多いのですが
たまに 痛みや麻痺などが出てしまう子がいるようです。
ラックは それほど重篤な症状が出てはいませんが 
首に負担をかけずに 首輪ではなくハーネスにした方が安全ということで
ハーネスっこになりました。
ハーネスであれば、何でもいいんですが、
下手でねぇ、私、付けるのが・・・
ぱぱっと付けられる、いいハーネスをずっと探していました。

そこで見つけたのが このバディ-ベルト。

ただ、ハーネスは首輪と違って サイズがむつかしい。
コートが長いラックは 単純に体重と胴周りの長さだけで決めていいものか?
ネットでも購入できたのですが、やはりお店で実際に装着して確かめたいと
販売しているお店を探したところ、FULLYFULLYさんがヒット

そこで!!

セレブな街、広尾でお買いものと相成ったのです。

長い話でした~~~。


FULLYFULLYさん、さすがは広尾のペットショップですねー。
とっても物腰柔らかい店長さんに 丁重に下にも置かぬ扱いを受けるラック様。
色んなサイズや色のハーネスを 「今度はこれをお召しになってみてください。」
って感じで試させていただいて 最終的に写真のハーネスを購入してきました。


とても柔らかくてしなやかな皮で、綺麗なスタイリッシュなグレー。
キラキラ光るライトストーンがはめ込まれた オッサレーな逸品。

なんも見えませんけどね


見えないでしょうが、最近のラックちんは
こんなにオシャレなラグジュアリーなハーネスを付けて
馬糞のかほり漂う田舎道を散歩しておりますのよ、ほほ


せれぶ~♪なランチ

わんこ
10 /09 2010
秋の気持ちのいい一日、
せれぶ~な気分で お買い物とランチとおしゃべりを楽しんできました。



ラブレー ラック11


ラブレーテーブル

続きを読む

お気にいりの散歩コース

エル
10 /01 2010
散歩が気持ちいい季節にやっとなってきたので
一眼カメラをぶら下げて お散歩に行ってきました。

といっても 一眼カメラを持って3パピ連れては無理なので
お供はエルさんだけ。
やっぱり ぶらぶら歩くお散歩の友はエルさんが一番です。

今日のコースは 一番お気に入りの散歩コースです。


お散歩コース1

続きを読む

エルママ

横浜市青葉区在住






センター : エル ♀ 
  (2004年3月19日)
  我が家の3パピの 女王様
  2008年秋 アジソン病発症
  2011年 1月17日 永眠








 ラック ♂
   (2006年12月7日)
パピヨンの魅力を世に宣伝
   する営業部長。





  
デューク ♂
   (2006年12月8日)
内弁慶のマイペース。
   意外性の男。





サブレ ♂
(2013年11月15日)
我が家の三男坊 期待の新星