FC2ブログ

梅雨の合間に ==柴又帝釈天==

未分類
06 /21 2009
梅雨の晴れ間のお出かけ編。

次に行った所は ここ。

葛飾柴又帝釈天

20090619_4412.jpg

20090619_4409.jpg



なんで いきなり帝釈天?なんですが、
なんてことはない、一度は行ってみたかったところです。

私は 生まれも育ちも 兵庫は西宮。
かの六甲おろしのお膝元です。
(六甲おろしは 某球団の応援歌の題名というだけではありませんよ。
 本当に 六甲山から吹き下ろしてくる風なんですよー。)
早い話が 関西人です。
関西の方がみんなそうかどうかは 知りませんが
少なくとも 私は 東京方面にはとんと疎くて
浅草も柴又も なんとなくどっちも下町の門前町って イメージでした。
だから 浅草のでっかい雷門の提灯と寅さんって どこかいっしょくたでした。
寅さんファンの皆さん すみませんねー。

柴又と浅草って ぜんぜん別~~って知ったのは
実に 恥ずかしいほど大人になってからでした。へっへっへ。
まぁ、そんなこんなで 一度は行ってみたかった葛飾柴又。
念願かなって電車で行ってまいりました。

とぉ~~~い!!
えぇ

神奈川県に住むようになって 15年ほどになりますが
一度も行ってみようという声が 周りで起きなかったわけがわかりました。
浦安のディズニーランドの方がまだ 近い気がします。

でも はるばる行った甲斐がありました。
面白かったですー。にっこり

20090619_4413.jpg

思ったよりは短かった参道。

お団子やさんが いっぱい。

20090619_4414.jpg

寅さんの ロケにも使われたというお店 「とらや」さん。

寅さんの実家のお団子屋さんって 「くるまや」であって「とらや」では
ないのですねー。
わたくし ここらへんも グチャグチャでした~無言、汗

【境内】

20090619_4410.jpg

立派なお寺なんですねぇ。


せっかくここまで来たのだからと 向かった先は
「寅さん記念館」

映画「男はつらいよ」の世界観を 実際に映画でつかわれたセットや
ジオラマを通して見せてくれます。

わたし 実は寅さん映画を はじめから終わりまで通して
ちゃんとみたことがありません。
なんとなく TVでやっているときにかいつまんで観た程度で
ですから ちっともストーリーは詳しくないのですが
でも 必ず出てくる「くるまや」のシーン。
しかも 初めのころに。
だから 旅のシーンやマドンナを全然知らなくても
この「くるまや」の場面には 馴染みがあるのです。

映画に明るくなくても なかなか楽しめました。
昭和30年代がお好きな方には とってもお勧め。

20090619_4420.jpg

20090619_4421.jpg

20090619_4418.jpg

なんだか 心がほっこりするような光景です。
とても精巧に作られています。
実際の大きさはこんなかんじ。
20090619_4419.jpg

今も走る金町と帝釈天を結ぶ鉄道。
昔は人力で押していたそうです。

20090619_4423.jpg

20090619_4424.jpg

人力車とどっちが大変でしょうね。


寅さん記念館は 江戸川のすぐ横にあります。
記念館から出ると 目の前は ひろーーーい江戸川の川辺が見渡せます。
気持ちいーーーーい笑い。

20090619_4415.jpg

20090619_4416.jpg

風が吹きわたって それはそれは爽快でした。
茶色のトイプーちゃんが 一匹綺麗な芝生の上を走っていましたが
ここで 走ったら気持ちいいだろうな~~と思うところでした。

遠くに目をやると・・・・ あれ?   あれは・・・・?

矢切りの渡し

かの有名な「矢切りの渡し」です。

土日しかやってないとの話でしたが ちかくの水元公園が
菖蒲祭をやっている関係で運航していたのでしょうか。

それにしても 渡しが山手線なみのダイヤで行ったり来たりしているとは思えないので
ちょうど 川を見渡していた時に見られたのは ラッキーでした。

なかなか満足の帝釈天を後にして お昼へ向かいます~。









スポンサーサイト



エルママ

横浜市青葉区在住






センター : エル ♀ 
  (2004年3月19日)
  我が家の3パピの 女王様
  2008年秋 アジソン病発症
  2011年 1月17日 永眠








 ラック ♂
   (2006年12月7日)
パピヨンの魅力を世に宣伝
   する営業部長。





  
デューク ♂
   (2006年12月8日)
内弁慶のマイペース。
   意外性の男。





サブレ ♂
(2013年11月15日)
我が家の三男坊 期待の新星