FC2ブログ

最強の応援団

未分類
12 /25 2007

今日は クリスマスですね

ご存じ イエス・キリストが お生まれになったという日です。

 

そこで ちょっと私的 神様のお話。

興味のない方は すっとばしてください。

 

 

 

私は 中学 高校 大学と10年間(幼稚園も含めると12年!! )

カトリックの学校にいたわけですが その間に聞いた

沢山のありがた~~~い お話は ほぼ 忘れてしまいました。

(クリスチャンでは ありません。)

でも 一つだけ 印象深いお話があります。

 

ある神父様が話してくださったものですが、

神父様によれば

 

「神様は 阪神タイガースのファンみたいなもんです。」

 

おそらくその神父様もタイガースファンだったと思うのですが

私が 高校の頃のタイガースといえば 今の楽天よりひどかったような・・・

万年びりがあたりまえ。3連勝もすれば ニュースになるような有様でした。

 

でも ファンは毎日甲子園球場に出かけ、

太鼓をたたき ラッパをふき 大旗を振って 応援していました。

けっして 見捨てることなく!!

 

タイガースファンといえば きっついファンで有名で

気の抜けたプレーをした選手には容赦なく 罵声やら生卵やらを

ぶつけます。

でも たった一本のホームラン、すばらしいナイスプレーが見られれば

たとえ 10対1で負けようと 

「ようやった!ようやったで!!これを見に来たんやで!!」

と 涙を流して喜んでくれます。

 

神様は人一人一人に タイガースの応援団のように

声援を送ってくれているんだそうです。

 

立派な結果が伴わなくても やる気がなくてダレた態度でいても

舌うちしながらも 「何やっとんねん!!」と怒りながらも

けっして見捨てることなく、

グランドに降りてきて 一緒に戦ってくれるわけではないけれど、

声のかぎりに応援し続けてくれているんだそうです。

今でいえば サッカーのサポーターのようなもの。

 

自分の横で神様が 太鼓叩いて ラッパ吹いて 旗振ってくれていると思うと 

なんか おかしくもあり、心強い気持ちがしませんか?

 

へこんでどうでもよくなった時でも

後ろで 神様が私のために 風船ふくらませて 飛ばしているのかーと

思うと やれやれ モチョットやってみるかーと 思っちゃいます。

 

皆さんや私の後ろで 今日も 旗を振ってくれている神様に

 

感謝。

 

Merry Christmas

スポンサーサイト

ドッグフェスティバル ------アジリティ編-------

未分類
12 /25 2007

今日も 行ってまいりました~~

横浜パシフィコで行われた ドッグフェスティバル。

 

 

 

ドッグショーのときとは 全然違う雰囲気!!

 

初めて見るアジリティ競技や 訓練競技。

間近にみる警察犬のデモンストレーションや災害救助犬の

デモンストレーション。

 

すっごい 面白かったです。

 

午前中は アジリティは ジャンピング競技というのか(?)

バーを ぴょんぴょん飛び越して タイムを競うもの。

コースを ハンドラーがしっかり覚えておかなくちゃいけないので

大変そう。コースを 間違えると失格になってしまいます。

 

 

 

パピヨンも頑張っていました。

 

下が カーペットで滑るので ワンコたちは走りにくそうでした。

滑って転ぶと タイムロスになるし でも 速さは必要だし

コース取りも難しそう。

 

 

こんな 先のみえないトンネルに 猛スピードで

突っ込んでいきます。  すごーーい。

 

隣のリングでは 訓練競技会が行われていました。

今日の子たちは みんな トレーニングチャンピオンを持った子達。

まあ みんなお利口さんだこと

 

 

 

 

ラブやゴールデンが やっぱり多かったですが

中には こんな犬種も。

 

 

 

ミニチュアシュナイザーに バーニーズ、ミニチュアダックス、スタンダードプードル。

そのほかにも いっぱい。 MIXの子もいました。(たぶん)

失礼ながら ダックスがあんなに 訓練がしっかり入るとは 思いませんでした。

プードルちゃん しっかりクリップされているのが かわいいですね。

ラブのように バシッバシッと 動くわけではありませんが

みんな とても楽しそうでした。

 

 

後ろを見ると 災害救助犬の デモンストレーション。

 

 

この後、この子は梯子を踏み外して あわあわして

指導員の方に助けてもらっていました。それは それで ご愛嬌。

災害救助犬の 世界大会に日本代表ででたくらい 優秀なワンコだそうです。

 

勿論 かっこいいところも見せてくれました。

 

 

自分の背丈の何倍もあるような 障害を軽々と越えていきます。

犬って 下り怖いんですよね。

 

 

 

警察犬のデモンストレーション。

 

 

犯人役の方を 追い込んですさまじい勢いで吠え立てます。

至近距離だったので 結構怖い。

 

 

 

逃げようとしたり 抵抗すると容赦なく飛び掛って噛み付きます。

振り回されても 棒で殴られても 放さないところがすごい。

しかも 訓練士さんの離せで さっと離して冷静な目で じ~~~~っと

睨んでいるんだから 興奮しているチンピラより 迫力があります。

 

 

すこし休憩を挟んで 午後からはアジリティでは

高さのなる障害を組み込んでの 競技になりました。(なんていうの?)

この休憩の時間に 私はランドマークに遊びに行ってしまっていたので

ミニ(?)の部門を 見逃してしまいました。(残念

 

 

 

タクトママさんが おっしゃっていたように確かに午後からの

部の方が見ていて面白かったです。

 

午前のジャンピング競技で成績の良かった子が 後から出るので

だんだん タイムの早い子が出てくるはずなんですが、そこは うまくいかないようで

スピードはあっても コースを間違えると失格になってしまうので、

しかも そのコースが スピードに乗ったまま突っ走ると

違う障害に行ってしまうようなコース取りにしてあるので

ハンドラーは 犬のスピードをうまく調整しつつ、早く的確な指示を

犬に出していかなくては なりません。

馬鹿では 出来ない競技だよ~~~。犬も人も。

 

ミディアムクラスをみて ラージクラスに入って暫く見ていたのですが

(面白いことに 大型犬のほうが中型犬より タイムが早いかといえばそうでもない。)

10時前から うろうろ のまず食わずで ろくに座りもしないでうろついていたので

3時過ぎには もうぐったり。

それに ワンコがいっぱいでしかも みんなとても楽しそうにしているのを

見ていると、ウチのワンコにも会いたくなってきて、後ろ髪惹かれる思いで

帰ってきました。

 

訓練競技の犬も 警察犬も 災害救助犬も アジリティの犬も

みーーーんな 共通していたのは すっごく楽しそうだということ。

 

歩くときには まつわりつくようにハンドラーの顔を見上げつつ

前なんか全く見ないで (溝があったら 落ちそうです。)

シッポぶんぶんで歩いて、ダンベルを取ってくるのも

障害を越えるのも 楽しくて嬉しくて 次は何するの?ねえ 何するの?

って まるで欲しいものを おねだりしている人間の子供みたいです。

 

強面の警察犬ですら 隣にたっている指導員さんが すこし離れただけで

大変大変って 座ったまま擦り寄っていきます。

周りの人からも 「かわいい~~~」の声が。

 

訓練された犬ってこんなに可愛いのですね。

人間も楽そうだし。

ウチのわんこ達は こんなにうれしそうに 私と歩いてくれているかな?

う~~~ん、疑問だ・・・

 

それにしても パピヨンって 一粒で2度も3度も楽しめる犬種ですね。

お洋服を着せて かわいい~~路線で押していくこともできるし、

(さすがに シェパードやドーベルマンでは ドレスは無理がある・・)

頭の良さをいかして訓練も楽しめるし、

運動神経のよさをいかして スポーツドッグとしても楽しめる。

 

ウチでは 今のところ可愛い路線だけですが(親ばか)

ちょっと考えちゃいました。

すくなくとも 引っ張り癖と吠え癖はやめよう、ラックちん。

訓練競技を見ているワンコたちは やっぱりお利口さんでした。

年明けたら 躾もう一度 お願いしようと

決心したワタクシでした。

 

ドッグフェスティバル 楽しかったです。

また あったら行こ~~と

 

 

今日の収穫。

マウスクリーナーです。

 

 

定価は、

 

 

のところを、3,200円でゲットしてきました。

棚の上にあったものではなく 机の上にあった見本を

手に取って かなり容器が汚れていたので

お値引きしていただきました~~。

満足じゃ~~~~。

エルママ

横浜市青葉区在住






センター : エル ♀ 
  (2004年3月19日)
  我が家の3パピの 女王様
  2008年秋 アジソン病発症
  2011年 1月17日 永眠








 ラック ♂
   (2006年12月7日)
パピヨンの魅力を世に宣伝
   する営業部長。





  
デューク ♂
   (2006年12月8日)
内弁慶のマイペース。
   意外性の男。





サブレ ♂
(2013年11月15日)
我が家の三男坊 期待の新星