FC2ブログ

死ぬかと思った・・・・

未分類
12 /14 2007

クリスマスクルーズとは 全然別の話ですが・・・

 

お誕生日のお祝いに食べた、キアッカレカーニさんのケーキ。

その後は 小さく切って普通にフードのトッピングとして

乗っけてわんこ達は 食べています。

 

この ミートローフのケーキ、

ラックちんは とっても気に入りました。

いつも急いで食べて 隣でもぐもぐ食べている

デュークのお皿から できれば かっぱらいたい

一生懸命がっついているのを見て、もっと落ち着いて食べれば

いいのになーと おもっていました。

 

で・・・・ 月曜日のことです。

ミートローフを 2センチ弱四方くらいに切って

4個ずつ フードに乗せていました。

ラックちん やっぱり急いで食べて、なんと4個まるごと

お口の中に入れて ごっくんしようとしました。

 

それは ちょっと 無理があるだろう・・と見ていると

 

ラックちん 突然 ウッウッと目を白黒させ始めました。

 

ちょっと ちょっと ラックちん

 

そして ぱたんっと その場に横倒しになってしまいました。

 

 

ちょっと~~~~~

ラックちゃ~~~~~~~~ん

 

必死になって ラックの名前を呼びながら揺さぶって 

犬の気道確保ってどうするんだ?!

縦のほうがいいのかな、仰向け?逆さ?!

・・・と たぶん2秒か3秒といったものだと思うのですが

がーーーーっと いろんなことを考えていると、

突然 ぴょこんと ラックが起き上がり、

なんにもなかったように、フードを食べ始めました。

 

はぁぁぁぁ~~~~~

 

ほんとうに 死ぬかとおもいました。

 

血の気が引くと言いますが、あれは 顔だけではないのですね。

手からも足からも とにかく体の末端から血が引いていくのが

自分でもわかりました。

 

揺さぶったおかげなのか ラックが自分でごっくんできたのか

よくわかりませんが、幸いなことに 大事にはいたりませんでした。

 

やれやれ。

 

こういうときは どうすればいいのでしょう?

犬の人工呼吸?

エルやデュークよりは ずっと食道が細いと思われる

ラックは食べ物にも かなり気をつけたほうがいいことを

肝に銘じました。

それにしても 傍で見ていてよかった~~

一歳のお誕生を迎えて そのお祝いのケーキで

窒息死なんて 泣くに泣けません。

 

ラックちん あの数秒で 走馬灯のように今までを

振り返っていたのかしら?

 

 

 

 

 

めずらしく お兄ちゃんみたいなデュークでした。

スポンサーサイト



エルママ

横浜市青葉区在住






センター : エル ♀ 
  (2004年3月19日)
  我が家の3パピの 女王様
  2008年秋 アジソン病発症
  2011年 1月17日 永眠








 ラック ♂
   (2006年12月7日)
パピヨンの魅力を世に宣伝
   する営業部長。





  
デューク ♂
   (2006年12月8日)
内弁慶のマイペース。
   意外性の男。





サブレ ♂
(2013年11月15日)
我が家の三男坊 期待の新星