FC2ブログ

嬉しいこと 心配なこと

エルとデューク
02 /12 2007

今日 10時半ごろエルの散歩から帰ってきてすぐにしたこと。

それは 昨日のうちに近くのケーキ屋さんで買ったクッキーを持って

デュークを連れての ご近所廻り。(勿論デュークは 犬用ハンモックの中)

両隣と 裏2軒に デュークの泣き声で、ご迷惑を掛けていることへのお詫び。

 

「全然気になりませんでしたよ。まあ 可愛い子犬ですね~」

と言って下さるいいご近所です。ありがとうございます。

 

よおおおし。 これで心おきなくデュークと我慢比べが

できます。

 

サークルに入れて しばらく無視。

早速 きゃんきゃん くうううん きゃ~~~ん!!が

始まりましたが ひたすら無視。すると・・・

 

 

やった~~~。

はじめて 自分からクレートに入って眠りました。

もっとも こんなにきゃんきゃん鳴かさなくても

あっさり寝てくれるいい方法を ダンナが見つけてくれました。

とにかく 体温が恋しいデューク。

人が座ると すぐに寄ってきて 足首の間に入ります。

そのまま 足の甲に顎を乗せて 寝てしまうこともしばしば。

そこで、

 

サークルの中に入ってしばらく じっとしていると

コテン。

 

スリッパだけ残して 出てもこんな感じ。

仔犬だなあ。一昨日まで 親兄弟と こうやって寝てたんだもんね。

でも きゃんきゃんの時間もだいぶ 短くなりました。

あきらめることが できるようになってきたかな?

 

エルとの距離もだいぶ縮まってきたように 思います。

なにより デュークが犬の付き合いを知っていてくれるので

助かります。エルがほんとに怒ることはしないし(すごい低姿勢)

でも すげなくされても あとをちょこちょこ追いかけて

ときどき 遊びに誘ってシッポをぷりぷり。

 

その努力が実ったのか、

夕方 エルが昨日の朝のように 突然遊び始めました。

エルが誘って デュークが追いかける、立ち止まって

ちょいちょい遊び また 走り出すという 遊び。

 

 

 

楽しそうに 走り回っていたのですが、

突然、きゃんっと エルの悲鳴。

な~んか やな予感。以前 たびたび聞いたことある悲鳴・・・・

 

のぞいてみると やっぱり 右後ろ足を上げて ケンケン。

あ~あ、膝 はずしちゃった。

狭い所で 細かくターンしながら 走ったのが

いけなかったんでしょう。

 

もともと エルは膝が悪く グレードの悪かった左足は

一歳前に 手術して 今は完治しています。

でも 右足は グレード?ということで

様子見だったのですが 半年に一回ぐらい

片足けんけんに なることがあったんです。

元気に ボールを追いすぎたり足場の悪いところで

全力疾走したりして。すぐに 普通に歩くようにはなるし

しばらくは ボール遊びをひかえたり 走らせるのを

控えていると 問題なかったんですが

デュークと遊んでいて 膝をはずすとなると

ちょっと 困ったな~~~。

 

これから どんどん 一緒に遊ぶようになるだろうに

膝が 悪化したら やばいなぁぁ。

心配事が ひとつ増えてしまいました。

最終的には 手術すれば いいんだけどね。

 

今日の 平和なデューク。

 

スポンサーサイト



エルママ

横浜市青葉区在住






センター : エル ♀ 
  (2004年3月19日)
  我が家の3パピの 女王様
  2008年秋 アジソン病発症
  2011年 1月17日 永眠








 ラック ♂
   (2006年12月7日)
パピヨンの魅力を世に宣伝
   する営業部長。





  
デューク ♂
   (2006年12月8日)
内弁慶のマイペース。
   意外性の男。





サブレ ♂
(2013年11月15日)
我が家の三男坊 期待の新星