FC2ブログ

西宮~米子~西宮の旅 4

デューク ラック サブレ
11 /14 2018
米子では ダンナの母の様子をみて
(3年前から 母は介護付き高齢者マンションに住んでいます。)
お墓まいりして 西宮にまたまた帰ってきました。

途中、新名神に出来た 今 関西では最もホットな(?)SA、
宝塚北SAに寄ってきました。

西宮 米子 西宮00062960 西宮 米子 西宮00062977 
母がお世話になっている ホームからも「お出かけ先」の
一つとなるくらいのSAって どんなの?って思いましたが、
SAというよりは アウトレットモールみたいな外観。
特筆すべきは、トイレがスゴイ。
スゴイトイレってどんなの?って思いますが
SNSにアップする人が多数だったらしくて 私が行ったときには
トイレでの撮影禁止となっていました。
でも SNSにアップしたくなるような ゴージャストイレでした。
宝塚北と 名付けられていますが ここを宝塚って 苦しくない?
ってほど 離れた場所にあります。
今回も 米子から西宮の実家に帰る途中、ではなく
わざわざ遠回りして行ってきました。
話のタネで 一度行けばいいかな。

西宮 米子 西宮00062958 

西宮 米子 西宮00062962 
ドッグランもありますが 上下線共通で それほど広くはないです。

なんだか スックと立っていたので
思わず撮ってしまいました。
西宮 米子 西宮00062968 

西宮 米子 西宮00062971 

西宮 米子 西宮00062970
買い物に行ったダンナを待つ 犬達。
芝生だったみたいだけれど すでにハゲハゲ。(2018年の春開業だったのですが)

ここで 軽くお昼を食べて 実家へと向かいました。
JR宝塚もしくは 阪急宝塚駅から実家までは 車で20分ほどですが
宝塚北SAから 実家まで かるーく一時間はかかったように思います。

今回 西宮に行ったのは 今年の6月に亡くなった私の父の 納骨式があったから。
何故か 大少2つある 父の骨壺。
諸事情により こうなりました。(いささか不謹慎で 笑える話でした。)
フルネームを書いた 名札ワッペンを張り付けて父は一族の元へ。
今頃は 親戚一同で 酒盛りをしていることでしょう。
東高根森林公園 紅葉まだまだ00063237 


実家は 4年前に建て替えて 今は 完全2世帯住宅となっています。
一階は シニア向け完全バリアフリー住宅、トイレや洗面がやたら広い。
2階は 普通の家です。そこに今は 姉の娘ファミリーが住んでいます。
2階には 4歳と1歳の王子さまが二人。しょっちゅう 遊びに降りてきます。

ところが 私たちが行ってしばらくの間、4歳の第一王子さまが2階から やってこない。

第一王子さま 実は 犬が苦手。 
1歳の王子さまは 全然平気。
西宮 米子 西宮00062734 
机の下で サブと語らえるほど。
初日には 一緒にお散歩にも行きました。

それを聞いた4歳のお兄ちゃん。 勇気を振り絞って城から降りてきました。

やっぱり ワンコを見る顔が引きつっているので
最初は 犬達をリードでつないで 部屋の隅に。
だんだん 近くにつないでいって 数時間後には 犬達をフリーにすることが出来ました。

そして!!
なんと お散歩にも行けちゃいました。
お供は デューク君。
西宮 米子 西宮00062876 

デューク君、お散歩のパートナーとしては 満点。


西宮 米子 西宮00062877 

西宮 米子 西宮00062878 

引っ張らない。相手に合わせて歩く。
臭いをとったり マーキングもしない。
デュークとだと2歳の子でも歩けます。
ラックやサブだと こうはいきません。


最終日には こんな風景が。
犬がウロウロするなか、カメラをいじるカメラマンたち。
東高根森林公園 紅葉まだまだ00063269


第一王子さまが 撮ってくれたラック。
東高根森林公園 紅葉まだまだ00063267 

犬をみただけで 恐怖で顔が引きつっていたのにねぇ。


かくして 一週間にわたる長期旅行でした。






スポンサーサイト

西宮~米子~西宮の旅 3

デューク ラック サブレ
11 /12 2018
ダンナの大阪での用事も終わり、
7日(日曜日)には 鳥取県米子に移動しました。
横浜から米子は なかなか遠いのですが、
西宮から米子は 結構近い。 3時間ちょっとで行っちゃいます。
(鳥取県は 兵庫県のお隣ですよ!)

勿論 ワンコ達も一緒。
わが家の場合、ワンコ連れで米子に行ったら、
絶対一度は 行くのが 大山(だいせん)にある ドッグラン。

西宮 米子 西宮00062981 

見てのとおり、スキー場。
雪のない時期に 無料のドッグランとして開放してくれています。


西宮 米子 西宮00063002 

西宮 米子 西宮00062896 
いかにも スキー場!!

とってもひろーーい ドッグラン。
ここに行き始めた頃は(6年くらい前?) あまり知られていなかったのか、
ちらほら犬がいる程度でしたが、有名になってきたのか、地元の方も利用するようになってきたようです。 
西宮 米子 西宮00062924

勿論、ワンコもいっぱいいるのですが、
西宮 米子 西宮00063079 

西宮 米子 西宮00062905
なんせ 広いし、
普段なら 他の犬にギャンギャン吠えるラックが
ドッグランだとあまり吠えません。
遊ぼ~~って 誘ってくれるワンコは 完全無視ですが。


なにせ、スキー場。
緩やかながらも 傾斜があります。
呼び戻しで 勢いよく走って来させるには
高い所から 低い所に呼ばなくてはいけません。
   西宮 米子 西宮00063015 西宮 米子 西宮00063016 西宮 米子 西宮00063022 西宮 米子 西宮00063024 西宮 米子 西宮00063029  
まぁ、走って来るだけいいか。

西宮 米子 西宮00063059 西宮 米子 西宮00063074 

西宮 米子 西宮00062901 西宮 米子 西宮00062990 西宮 米子 西宮00062991 西宮 米子 西宮00062992

まだまだ 元気に遊んでいてほしいです。


西宮~米子~西宮の旅 1

デューク ラック サブレ
11 /07 2018
10月の始め 5日~11日まで
私の実家の兵庫県と ダンナの実家の鳥取県米子に行ってきました。
なかなかの 強行軍です。
ワンコ達も一緒。 2年ぶりかな?



いつも 西宮に行くときには 朝5時ごろに出て
途中で朝ごはんにします。
毎度、朝ご飯の調達がてら 最初の休憩地の
新東名浜松SA。

西宮 米子 西宮00062706 
久しぶりに来てみると、
ドッグランがなんだか小さくなって 人工芝になっていました。

近頃 高速のSAにドッグランを設置するところが増えて ありがたいのですが、
SA側にしても ドッグランは 空地さえあれば簡単に設置できるし、
犬連れは 立ち寄るし ついでに買い物するし、
何か造るにしても 簡単に縮小したり なくしたりできる 便利は施設なんだろうな、と思います。

まっ平の人工芝になって 味気なくなりましたが、
わが家のワンコ達には 受けが良くなりました。

西宮 米子 西宮00062711 

西宮 米子 西宮00062719 

ラックは 最近 デコボコしたところや 草地では すぐにボールを見失ってしまうのですが、
この まっ平のドッグランだと 走りやすいし ボールを見失うことなく、
ご機嫌で走り回っていました。

西宮 米子 西宮00062718 

西宮 米子 西宮00062717 



勿論、サブちゃんもご機嫌でした。
西宮 米子 西宮00062714 




次の休憩地は 滋賀県 新名神の土山SA。
ここは ワンコの散歩をさせる方がとても多いSAです。
西宮 米子 西宮00062720
こんな草地があるからね。


ところが この小さな尾根道が意外と急こう配。
西宮 米子 西宮00062722 

砂地なので 滑るし。
三匹に引っ張られると かなり怖い。

西宮 米子 西宮00062727 西宮 米子 西宮00062724 
犬達は なんだか とってもご機嫌でしたけどね。

どこかの秋の高原みたい。
西宮 米子 西宮00062730


横浜から西宮の実家まで いつも2回くらいの休憩で行ってしまいます。

実家で遊ぶワンコたち。

西宮 米子 西宮00062735 

西宮 米子 西宮00062736 



新しいオモチャを 見せびらかすサブ。
西宮 米子 西宮00062737 

デュークは 横で 自分のオモチャを一人で楽しんでいます。

まだまだ 続く~~~~・・・


秋の伊豆旅行 橋立つり橋

デューク ラック サブレ
10 /15 2018
伊豆旅行2日目、9月26日。

朝 起きると雨は上がっていました。
ラッキー♪

ドヨヨンだけど
伊豆 秋00061305
朝のお散歩は 出来るよ。
外に出ると ラックちん 真っ先にドッグランに向かいますが
勿論 ビッショビショ、それに まだ6時。
ドッグランは 8時~日没までって 書いてあるよ。

普通にお宿の周りをお散歩。
リスを2度も見かけました。

何故か、椅子についた水滴を必死で舐めるサブちゃん。 
水入れ あるんだけど。
伊豆 秋00061320


朝ごはん。
伊豆 秋00061329 

こちらでは 朝は 和洋で選べますが
旅先でしか 朝にご飯を食べることはないので 和の朝ごはん。
普通のご飯もあるし 御粥もあるので たらふく食べてしまいました。
(結局 この日は 昼ごはんなしで 平気でした。)

この日の天気予報を見ると
首都圏は ほぼ雨。
伊東のポイント天気予報を見ると
12時前から 雨予報。

早めにチェックアウトして 城ケ崎海岸に行って
門脇つり橋には 以前行ったから 今度は 橋立つり橋に行って
やはり前回行かなかった小室山に行って 帰ろうと計画。

橋立つり橋は 門脇つり橋のように すぐ近くに駐車場があるわけではないのですが、
伊豆高原駅のすぐ近くにある専用の駐車場(地図)に車を停めて
きっと いいお天気なら 気持ちいいんだろうなぁって小径を通って
海へと向かいます。

伊豆 秋旅行キャノン橋立つり橋00061085 


ほどなく 海に到着。
小径の横を流れていた川にかかっている橋。
すぐ向こうが 河口です。T字路になっています。
伊豆 秋旅行キャノン橋立つり橋00061091 
ここから右に行くと 橋立つり橋。

ここから 若干こういう場所を歩くので
ハイヒールではいかないほうが無難です。
伊豆 秋00061529 



伊豆 秋00061538 


門脇つり橋よりは 長くて揺れます。
伊豆 秋00061542

でも たぶん門脇つり橋の方が 高いかな?


今の3パピは 橋の上は全然平気。
きっとエルだと 渡れなかった。
伊豆 秋00061537 

伊豆 秋00061543 


橋の上からの風景。
伊豆 秋旅行ソニー橋立つり橋00061061 

伊豆 秋00061548 

伊豆 秋00061550 


つり橋から いったんT字路まで戻って
対島(つじま)の滝に向かいます。
水量が少ないと 滝にはならないそうですが、
昨日 あれだけザンザン降りだったんだから 水量は十分でしょう。

対島の滝
伊豆 秋00061551 
立派に滝。
さすがに 昨日 あれだけ雨が降っただけあります。



滝が見やすいように
こういった展望台があります。
伊豆 秋00061569 

伊豆 秋00061561 


カメラをオートにするのを忘れて
ダンナに渡した結果。
伊豆 秋00061576 
せっかくラックが可愛いのに・・・

こっちは 私が撮ったもの。

伊豆 秋00061563


このまま あのT字路に戻って そのまま車に乗り込めば
小室山にも 行くことができる時間だったのですが・・・・

ちょっと海岸線を散歩してから行こうか、と考えたのが
大間違い。


ちょっとした散歩・・・?
伊豆 秋00061585 


伊豆 秋00061514
これは ちょっとしたハイキングの間違いでは・・?

案内板を見ると 2キロほど歩けば
左に曲がる道があるよ、とのことでしたが
(2キロと言えば 普通に歩けば 30分ほど)
直線距離にしたら 2キロだったかもしれないけれど
伊豆の海っぺりって リアス式海岸。 
直線距離では 2キロでも 海沿いを歩けば その10倍くらいありそう。
しかもずっと 上がったり下がったり、まるで 去年行った御岳山のハイキング道。
一時間以上歩いても グーグルマップで現在地を確認したら
半分も行ってない。つまり 一キロも進んでいない。

私はラックを連れていたのですが ラックは下りになると
すぐに 私を見捨てて 前を行くダンナたち先頭集団に追い付こうとする。
(ゴロゴロ石があり ぬかるんでいる下り坂でリードを引っ張られると怖いので
私が ラックのリードを持つ手を離すと アッという間に行ってしまう。)
で、しばらく歩いて行くと 上り坂の下で
先頭集団から脱落したラックが 今や遅しと御輿が追い付いて来るのを待っている状態。
半分くらいは 抱っこで運ばれたラックです。

余裕があったころは まだこんな風景も撮っていたのですが・・・
伊豆 秋00061580 

伊豆 秋00061587

伊豆 秋旅行ソニー橋立つり橋00061067

途中から それどころではなくなり
黙々と歩き続ける。ちゃんと ハイキング道はあるので
迷うことはことはないのですが、歩いても歩いても
左に曲がる道がない。(当たり前。 50メートルも行けば交差点がある都会ではないのだから)

雨雲も近づいてくるし、
ここで 勇気ある撤退。 もと来た道をせっせと戻ります。

一度通った道は 早い。半分ほどの時間で戻って 
雨の降り始めの頃に 車にたどり着きました。
けっこうひんやりしていたのですが 大汗かきました。

行程の半分くらいは 抱っこだったラックに比べ
デュークは ペースを崩すことなく ずっとダンナの横を歩き続けました。
自分の高さより高いくらいの 石段とかもあったのに。
伊豆 秋00061606 

なんて 健気で可愛いデュークちゃん♪♪


雨もしっかり 降ってきたので
小室山は またに機会に。


そのまま家に向かいます。

帰り道、ちょっとだけ寄り道。

小田原にある 一夜城Yoroizuka Farmへ。

伊豆 秋旅行キャノン橋立つり橋00061163

私は 何度か来たことがあるのですが、
ダンナは初めて。

お天気がよければ 相模湾を一望できる景観ですが
残念ながら 小雨がチラつく天気。

伊豆 秋00061362


奥様の 慰愛碑。
伊豆 秋00061359 
この一角は とても綺麗でした。

何度か来ている鎧塚ファームですが、ケーキを買って帰ったことは
一度もありません。

美味しそうなケーキをいくつか買って帰り、
家で お昼代わりに ペロっと食べてしまいました。
すっごい 美味しかったです!! (写真なんて 撮る間もなくペロリ)

少々 雨っぽかった伊豆旅行でしたが
楽しく過ごすことが出来ました。

今度は クオーレに泊まらなくちゃね。


秋の伊豆旅行 お宿

デューク ラック サブレ
10 /15 2018
今回の旅行で泊まったのは
こちら。
伊豆 秋旅行ソニー橋立つり橋00061031 



伊豆でのお宿の 定宿みたいになってきました。

こちらのお宿は それぞれの部屋が 離れ形式で
外を通る人や犬の気配がほぼ感じられない。
わが家のセコムワンコ(サブちゃん)が あまり作動しなくて
助かるのです。

お部屋には こんな感じの小径を通って行きます。
伊豆 秋00061622 


今回のお部屋。
伊豆 秋00061621 



お部屋の中には こんな廊下もあって
伊豆 秋00061477

ベッドルームとリビングがあります。
伊豆 秋00061474 


ベッドカバーが なかなか素敵でした。
伊豆 秋00061478  


「玉響の風」で一番気に入っている点が
全室に 内風呂と露天風呂が付いている所。
伊豆 秋00061470 

伊豆 秋00061471 

ワタクシ、お風呂でのぼせやすくて カラスの行水。
ゆっくりお風呂を楽しむことができません。
せっかくの温泉なのに・・・

でも 部屋に温泉があると 何度もちょこちょこ入ることができるので
のぼせることがありません。 露天風呂はのぼせにくいしね。


お宿に着いても 勿論、 雨。

 伊豆 秋00061511 
せっかく見晴らしのいいお部屋なのに・・・

まだ4時前。
夕食まで まだまだ時間あるし お散歩に出ることも出来ない。


犬でも 洗うか・・・・
ここには 犬用の露天風呂があるのです。
伊豆 秋旅行キャノン玉響の風00060955



初めて ここに泊まった時、
ラックは この露天風呂で泳いで遊んだのですが、(
伊豆 秋旅行キャノン玉響の風00060959 
サブちゃんは そんな気はないらしい。


伊豆 秋旅行キャノン玉響の風00060960 

いささか かほり高きワンコになっていたサブちゃんは
普通に ごしごしシャンプー。

伊豆 秋00061644 

伊豆 秋00061643 
二人がかりで乾かしても けっこう時間がかかります。

お風呂から出ると 順番待ちしているワンコがいました。
ま、この天気では 他にすることないもんね。

汗だらけ 毛だらけになった飼い主も 温泉に。


お食事は 部屋食の部屋もありますが、
私たちの部屋は ダイニングに移動して頂きます。
一番最初にここに泊まった時に 部屋食だったのですが、
一品一品運んでこられるスタッフさんに 
サブが吠えまくり。冷や汗をかきました。

サブちゃんも大人になったことだし、以前ほど吠えまくることはないかもしれませんが、
ダイニングの方が 気が楽です。(ダイニングでは サブは吠えない。)
ダイニングと言っても 個室だしね。
伊豆 秋旅行ソニー愛犬の駅00060886



pageディナー 

毎度のことながら 犬宿とは思えない 豪華な食事。


必死で おこぼれを待つ犬達。
(犬達は すでにお部屋で カリカリフードを食べさせています。)
伊豆 秋旅行ソニー愛犬の駅00060899


お腹いっぱいになって お部屋に帰ります。


お部屋で 寛ぐサブちゃん。
伊豆 秋00061507 

変わったところで 寛いでるねぇ。

ソファの後ろの 空間です。
伊豆 秋00061508


やることもないので さっさと寝ちゃいます。
おやすみなさーーい。
明日は 雨あがるといいなぁ。


エルママ

横浜市青葉区在住






センター : エル ♀ 
  (2004年3月19日)
  我が家の3パピの 女王様
  2008年秋 アジソン病発症
  2011年 1月17日 永眠








 ラック ♂
   (2006年12月7日)
パピヨンの魅力を世に宣伝
   する営業部長。





  
デューク ♂
   (2006年12月8日)
内弁慶のマイペース。
   意外性の男。





サブレ ♂
(2013年11月15日)
我が家の三男坊 期待の新星