春の旅行 下田へ

デューク ラック サブレ
04 /19 2018
城ケ崎で 綺麗な景色を楽しんだ後は 下田へ向かいます。

下田って 神奈川県在住の我が家からは ちょっと行きにくい。
伊豆半島の下の方にあって、ちょっと気合いを入れないと
なかなか行けない。
私は行ったことありませんでした。
ダンナもない、と言う。

伊豆に2泊もする機会なんて 今後あるかどうかなのだから、
是非行ってみたい!!!と 主張して
下田?なにがあるのさ?というダンナを説得して 向かうことになりました。

下田の海って 写真で見ると すっごく綺麗なんだもん。
行ってみたかったんだもん。


下田って 伊東からでも 十分遠かったです・・・・

下田にペリーさん、来たんだよね。
江戸から幕府のお役人も来たんだよね。
車で走っても 遠いな、と思ったんだから 江戸からは 遠かっただろうなぁ・・・

でも この遠さが 下田が開港された理由だったそうです。

江戸から 近からず、遠からず。
確かに 幕府としたら いい距離感だよね。





135号線を走っていると 左に コバルトブルーの海が見えてきます。

テンション アーーーーップ!!!
春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800049088  


行ってみたかったのは 龍宮窟。

ジブリ映画の「紅の豚」の マルコの秘密基地みたいな地形だそうで、
写真を見ても すっごい綺麗!! 是非 実際に見てみたいと
張り切ってやってきて 駐車場に車を入れたら
駐車場のオジサンがやってきて
衝撃の 一言!!!

「龍宮窟は いま見られないよ。」

え~~~~~っ!?
ここまで来て それ~~?

なんでも 4月7日(私たちが 来たのは4月9日)に
倒木により 負傷者がでて立ち入り禁止になってしまったとか・・・

どうにもならないので 
もと来た道を戻ることに・・・・ ああ、がっかり・・・・


こうなったら 綺麗な下田の砂浜だけでも体験するんだ!と
来る途中に見た、吉佐美大浜へ。

別に どうしてもここでなくちゃいけない わけでもなかったのですが、
でかそうな無料の駐車場があったのを ダンナが横目で見ていたので・・・
(海水浴のシーズンなら 有料だと思いますが シーズンオフなので)


わ~~~お!!

これこれ、この海が見たかった~~~。
春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800049056

春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800049050
さすが シーズンオフ。
ほとんど 人がいませんでした。

白い砂浜に ブルーの海。
なんなの、これ。


犬達も テンションアップ!!
春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800049000

春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800049011


春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800049015


春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800049017


だぁれも いなかったので リードを放して ボール遊び。
春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800049026 春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800049032

春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800049035

春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800049037


後のことを考えて 海水にははいってほしくなかったので
波打ち際に行ったときには ひやひや。
シニアのワルッコは 波を怖がりません。
九十九里に行ったときなど、デュークは 波を飛び越えて遊んでいたくらい。

春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800049040

春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800049041

楽しそうなんだけどね。


春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800049043

春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800049052
龍宮窟は 残念だったけど、
この綺麗な砂浜で いっぱい遊べたので 大満足。
砂まみれのボールで遊んだワンズの 夕方のウンPが 半分砂だったのは
言うまでもありません。




いっぱい遊んだといっても この時点でまだ 昼過ぎ。
この後、どうしよう? 
下田と言えば やっぱりペリーロード??

というわけで ペリーロードに向かいました。
ペリーロードって 何があるのか よくわかっていませんでしたが。

ペリーさんです。
遠い所、ご苦労様でした。
春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800049060



ペリーロードに向かいます。


レトロで 小洒落た街並みです。
春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800049062


後ろの 白黒の壁を
なまこ壁というそうです。
春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800049065


春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800049068


ちょうど この橋の上で どっちに行こうかなと 考えていた時、
春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800049069


横の路から パピヨンちゃんが やってきました。
あらぁ、珍しい、と思っていると

え??!!!

リッキー君!!!??

春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800049075

春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800049071

ワルッコのお兄ちゃん、リッキー君とayaさんにバッタリ。
勿論 下田在住ではありません。

東京都と神奈川県在住の二組が どうして下田でバッタリ?
開港の街、下田で リッ君と邂逅、などと 下らんことを考えてしまいました。

しかも聞けば、ayaさんも 龍宮窟目当てに下田に来て
現地に行こうとしたら タクシーの運転手さんに
龍宮窟は 見学禁止になっている、と聞いて 落胆。
仕方ないから ペリーロードでも ぶらつくか、ということだったらしい。
しかも 昨日のお宿も 結構近くだった。

こんな偶然、あるんですねぇ・・・・ ビックリ。


一緒にカフェに入って 私たちは 昼食、ayaさんはお茶して
ayaさんは このまま電車で帰京、私たちは 今夜のお宿に向かいました。


今夜のお宿は マリモちゃんのママ、miekoさん絶賛のお宿、
ayaさんも あそこまでいたれりつくせりのお宿は 他にないという、
口コミ評価で 最高ランクの星5個が並ぶお宿ですヨ。
楽しみ~~~。


春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800049101







スポンサーサイト

春の旅行 伊豆二日目

デューク ラック サブレ
04 /19 2018
旅行に行くと だいたい10時前に寝ちゃうので
翌朝、やたら早く目が覚めます。 犬も人も。

6時になるのを 待ちかねて(なんとなく 6時まで待っていた)
散歩に出かけました。
ダンナも早々と起きていたけど、それは マスターズの早朝放送を見るため。
(ゴルフ大好き人間)
私一人で 散歩にいくことになったので
かねてやってみたかったことを やってみることにしました。

実は 去年、玉響の風を利用したときから
やってみたかったことなんですが・・・・


「玉響の風」は 国道135号線から ちょっと引っ込んだ場所にあります。
国道から お宿までは 私道です。
つまり関係者しか通らない道。
この私道を 何本も排水溝?が横切っています。
排水溝の上には グレーチングで蓋がしてあります。

通常、犬はあまりグレーチングの上を好んで歩きません。
ぴょんと 飛び越すことが多い。
グレーチングの向こう側に犬を待たせて 呼び戻しをすると
ほぼ確実に ぴょーんと飛んでくる犬が撮れます。いわゆる飛行犬。
一般道で 寝転んで犬を撮るなんて危なくてできないけれど、
私道なら 関係者以外の車は通らないし、
チェックインやチェックアウトの時間以外は 客の車も通らない。


というわけで 道路の真ん中に寝そべるなんて
通常は出来ない姿勢で いっぱい犬を走らせました。

こんな感じね。
春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800048860


ぴょん!
春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800048863


ぴよ~~ん。
春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800048868


ぴょん。
春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800048875



ぴよ~~ん。
春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800048892


ぴょん。
春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800048898


意外と サブが飛ばない。
デューク君の飛びっぷりが素晴らしい!

ちょっと 場所を変えて。

グレーチングが 少しだけ凹んだ場所にあるので
目立たない。
春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800048900

春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800048901

春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800048903

春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800048908

グレーチングが目立たないので タネばれがなくていいですね~。
それにしても サブって 飛ばないのねぇ・・・

ラックも綺麗に飛んでくれたのですが、
ごめんね~~、こんなのしか撮れなかった。
春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800048911


あまり何度も走らせると 犬があきてくるので
いい加減でやめたところで ゴミ収集の車がぶーーんと 通っていきました。
そりゃそうだよね、ごみ収集の車は通るわね。
おばさんが道の真ん中で寝転んでいたら 驚かせるところでした。



春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800048923

お散歩をして お宿に戻り、朝ごはん。
またダイニングで頂きます。
晩御飯は 暗くて外は見えなかったのですが、
ダイニングからも伊豆の海を見渡せます。
春の旅行 箱根201800048128


朝から ご馳走。
春の旅行 箱根201800048130
いっぱいご飯はあるけど、キミのはないよ。


ダンナの膝の上で おねだりワンコ。
春の旅行 箱根201800048132


春の旅行 箱根201800048135 

この状態で よく食べられるなと いつも感心。


朝からたらふく食べて チェックアウト。
ラックは またドッグランで遊びたかったようですが、
君、キリがないから。

去年も行った 城ケ崎海岸へ。
去年行ったときには 曇っていて 海がドンヨリだったのですが、
今回は お天気に恵まれました。
去年は 何も知らずにちょっと離れた駐車場に車を停めて
30分近く 海岸縁を歩くことになりまして(それはそれでよかったけれど)
今年は 門脇つり橋のすぐ近くにも 駐車場があることがわかっていたので
そこに車を置いて つり橋に向かいました。


いいお天気で海も綺麗!
春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800048935


平日万歳。人が少ない。
春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800048948


春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800048949


春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800048962



この辺りは そうでもなかったのですが、
灯台の方へ回ってみると とたんにスゴイ風。


春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800048976



春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800048977

多分大丈夫だから、頑張って。


風が強い日に 風が強い場所に行ってはいけない図。
春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800048980



春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800048981



春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800048982

ん~~~~、フォルムだけだと なんだかわからない。

猛烈に風が強かったけれど、
このあたりから眺めた海は ホントに綺麗でした。
春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800048975

春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800048983

やっぱり日が出ている時の方が
海は 青くて綺麗ですね~。


この後、下田へと向かいました。






春の旅行 伊豆へ

デューク ラック サブレ
04 /18 2018
箱根のお宿は 仙石原のすぐ近く。
箱根湿生花園へは 徒歩圏内。

ここは 犬を園内で降ろさなければ
犬と一緒に入ることが出来ます。

春の旅行 箱根 玉響の風201800048436

春の旅行 箱根 玉響の風201800048383

カートを持って行っていたので 行ってみることに。

こんな感じで 入りました。
春の旅行 箱根 玉響の風201800048401

湿性花園は もともと綺麗なお花が咲き乱れるって所ではありません。
が!!

ちょうど見ごろだった ミズバショウ。
こちらも 桜を同じく、数日前の暴風雨で 花びらがみんな落ちてしまいました。

春の旅行 箱根 玉響の風201800048405


ロメインレタスの畑のよう・・・
春の旅行 箱根 玉響の風201800048418

数日前までは 可愛いこんなお花が並んでいたらしい。
春の旅行 箱根 玉響の風201800048420


私もダンナも それほどお花が好きってわけではなく、
ふうーーん、ちっこいお花が咲いてるね、程度でずんずん行きます。
(かなり季節外れと言っていい時期だしね。なにもない)
 春の旅行 箱根 玉響の風201800048409


秋のススキ原で有名な 仙石原。
春には 単なる荒れ地。

春の旅行 箱根 玉響の風201800048414

春の旅行 箱根 玉響の風201800048417



寄せ植えのように 小さなお花が集められている場所がありました。
屋根もあって 風雨の影響はうけなかったらしい。

春の旅行 箱根 玉響の風201800048422

春の旅行 箱根 玉響の風201800048431

春の旅行 箱根 玉響の風201800048430

春の旅行 箱根 玉響の風201800048429

春の旅行 箱根 玉響の風201800048428

春の旅行 箱根 玉響の風201800048427


青いケシの花もありました。
これは とっても綺麗でした!
春の旅行 箱根 玉響の風201800048391

春の旅行 箱根 玉響の風201800048433


湿性花園は あっさり見て 次にポーラ美術館へ。
湿性花園と ポーラ美術館を抱き合わせでチケットを買うと
お安くなるのです。

美術館ですから 写真はありませんが、
とても見ごたえがありました。
建物も 素敵だしね。


ポーラ美術館を後にして 伊豆へ向かいます。

最初は 小室山を目指したのですが、
恐竜コースを 歩いてみたかった。)

途中の分かれ道で 左に行けば小室山、右に行けば一碧湖という場所で
ダンナが 右にハンドルを切ったので 小室山は またの機会に~~~。


一碧湖。

とても 綺麗でした~。
毎度言う言葉ですが 何もありませんけど。
秋には 紅葉が見事らしい。
春の旅行 箱根 玉響の風201800048451


湖をぐるりと 一時間ほどで一周できるそうですが、
見ての通り、この日は 風が強くて
オマケに寒かった!!! 伊豆なのに!!
春の旅行 箱根 玉響の風201800048453


犬達は 大丈夫でしょうが、
人間が寒くてたまらんということで(ダンナは半袖しか 持っていなかった)
早々に引き上げて 今日のお宿に向かいます。

実は 遊びたかったラックちん。
ちょっと ご不満。
春の旅行 箱根 玉響の風201800048457

大丈夫! お宿にも ドッグランがあるから!!


というわけで 今日のお宿へ。

春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800048858

春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800048857

去年の夏に利用して 気に入った「玉響の風」さん。


去年は 管理棟から一番近い部屋だったのですが、
今回は 一番高い場所にある見晴らしのいいお部屋。

このような階段50段ほどを えっちらおっちら上ります。
春の旅行 箱根201800048126

春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800048853
なかなか 息が切れます。

でも さすがに一番高台にあるだけあって
見晴らしは 素晴らしいです。

犬真っ黒だけど。
春の旅行 玉響の風 むつみ庵201800048930

一応写っているのは サブです。


部屋には24時間入れる露店温泉(循環式)があって
春の旅行 箱根 玉響の風201800048465


ゆったりとした広い部屋。
春の旅行 箱根 玉響の風201800048495


まぁ犬達にしたら 露天風呂も 見晴らしもどーでもいいわけで

一刻も早くドッグランに行きたい!!

凄く広いわけじゃないけど
春の旅行 箱根 玉響の風201800048466

春の旅行 箱根 玉響の風201800048488

十分 走り回れます。
特にラックは 最近、遠くにボールを投げると わからなくなっちゃうので
十分な広さです。

たまたまこの時間は 貸し切り状態になったので
デュークが 張り切って走っていました。
(デュークちゃん、知らない犬がいると 傍から離れません)
春の旅行 箱根 玉響の風201800048470

春の旅行 箱根 玉響の風201800048475

ウッドチップは 小型犬には走りにくいですが
最近では 芝生のドッグランが増えてきて 嬉しい限り。

犬達をドッグランで遊ばせた後、
人間は温泉に入って お楽しみの夕飯に備えます。



去年は 部屋食だったので
一品一品、スタッフの方が 部屋まで運んできてくださり、
そのたびに サブがセコム犬となって わんこらわんこらうるさかったのですが、
今回は 管理棟の中にあるダイニングまで 食べに行きます。
と言っても 個室なので 犬も自由にできます。
なにより サブがギャンギャン吠えなかったのが ありがたい。

page.jpg

綺麗に盛り付けられた 美味しいご飯を頂きました。


夜 寝る前にもう一度 温泉に入り、
春の旅行 箱根 玉響の風201800048497

春の旅行 箱根 玉響の風201800048498

春の旅行 箱根 玉響の風201800048506
夜の野天風呂。
寒いかな、と思ったのですが、十分な湯温だったので
きもちよーく入れました。


内風呂もあります。
春の旅行 箱根 玉響の風201800048509


露店風呂は のぼせなくていいですね~。

私、実は温泉苦手なのです。

すぐに 湯あたりして 気持ち悪くなるのですが、
露天風呂は 頭が冷えるので そういうことはないですねー。

そしてもう一つ。

ド近眼なので 裸眼では 何も見えなくて 怖くて仕方ない。
でも コンタクトをしたままお風呂に入ると 目にコンタクトが張り付いて
大変なことになっちゃう。
といって 普通の大浴場に眼鏡かけたまま入るのは ちょっと変だし・・・

なので 部屋に露天風呂があるのは 大変ありがたい。

見事な 星空なのですが ド近眼の悲しさで あまり見えない・・・


かくして 伊豆の夜は更けていきました・・・




春の旅行 箱根編

デューク ラック サブレ
04 /16 2018
4月7日から10日まで
箱根と伊豆に旅行に行ってきました。 勿論 犬連れ。

三泊四日なんて、わが家にしては 帰省なみの長期旅行。


もともとは 箱根だけだったのですが、
ついでに 伊豆にまわろうか、で、 さらに家の都合で
一日延びて 三泊四日になりました。


まずは 箱根。
箱根って 実は あまり犬連れで行くところはありません。
美術館、多いしね。

でも 季節柄 箱根でお花見できるかも、と期待して行ったのですが、
4月5日、6日と 首都圏は 暴風雨が吹き荒れまして、
満開だった箱根の桜を きれいさっぱりと吹き飛ばしてくれました。


箱根の宿は 仙石原近く、この近くに
宮城野早川堤といって 桜の名所があり、インスタグラムでも
見事な写真がアップされいたのですが、
行ってみると 残念無念。

春の旅行 箱根201800048204  
完全に終わっておりました・・・
右の岸になにやら 赤っぽく見える木がありますが、
あれは 花ではありません。 すべて 桜の軸部分です。

春の旅行 箱根201800048200
ここまで 軸のみの桜、初めて見ました。
下に落ちたはずの花びらすらも すっ飛んでいました。



早川の横にあった 支流(?)の桜。
早川堤は 向かって左の赤っぽい桜。
春の旅行 箱根201800048185


さくらはしのたもとで 記念撮影。
春の旅行 箱根201800048190 


犬の散歩をかねて 堤を散策。
なにも ありません。
誰もいません。
春の旅行 箱根201800048197
まだ、桜の軸やガクが落ちてないのが 幸い。




仕方ないので お宿に向かいます。

駐車場で 出迎えてくれた雉さん。
春の旅行 箱根201800048206

春の旅行 箱根201800048207
あまりに 慣れた様子でウロウロしていたので
放し飼いされた雉さんかと思いましたが 勿論 野生です。

この日は 貸別荘の体験宿泊。


ひろーい リビングダイニングに
春の旅行 箱根201800048105


和室、
春の旅行 箱根201800048107


寝室、
春の旅行 箱根201800048108


奥にキッチンもあり、
春の旅行 箱根201800048104
食器や 調理器具(お鍋フライパンなど)も用意されています。

勿論 トイレ 洗面 お風呂あり。

まさに 長期滞在の別荘仕様。




お弁当もついて
春の旅行 箱根201800048106
 
担当者の 懇切丁寧な説明付き。(営業とも言う。)

格安で泊めていただき、(一泊2食で 3000円)

ありがたく別荘気分を堪能させていただいて

犬達は ドッグランで遊ばせてもらって
春の旅行 箱根201800048218

春の旅行 箱根201800048237


別荘でくつろぐお坊ちゃま方。
春の旅行 箱根 玉響の風201800048388


翌日、
ありがとうございました~、ごちそうさまでした~、じゃっ!
(体験宿泊の後、後追いセールスはありません。かつて 後追いセールスをして
 ネットでたたかれて 懲りたらしい。)

わが家に別荘は 要りません。
旅行の極意は 据え膳上げ膳と 心得たり。
(興味のある方は ポイントバケーションズリロで 検索してみてください。
 なかなか 面白いシステムだとは 思いました。)

やることもないので さっさと休んで
翌日は伊豆に向かいます。



エルママ

横浜市青葉区在住






センター : エル ♀ 
  (2004年3月19日)
  我が家の3パピの 女王様
  2008年秋 アジソン病発症
  2011年 1月17日 永眠








 ラック ♂
   (2006年12月7日)
パピヨンの魅力を世に宣伝
   する営業部長。





  
デューク ♂
   (2006年12月8日)
内弁慶のマイペース。
   意外性の男。





サブレ ♂
(2013年11月15日)
我が家の三男坊 期待の新星